明 桜 高校 サッカー 部。 [MOM2652]明桜DF沖田凌介(1年)_負けん気強いCBは青森山田中出身、決定機阻止して全国王手

ノースアジア大学明桜高等学校にようこそ

精度の高いキックが持ち味で、特に 左足のキックを武器としています。 J2 [12月2日 22:42]• J3 [12月6日 10:13]• それでも、コーチとして国見高や神戸U-18の全国制覇に携わってきた原美彦監督が古豪の指導を始めてまだ2年にもかかわらず、着実に成果を出してきている。 MF 2年 とのダブルボランチはチームの肝」 名古屋から秋田へ。 日本代表 [11月28日 11:08]• 後半は本校のキックオフで始まり、前半と同様、選手全員が連動して何度も相手ゴールに迫りました。 他にも西目高や新屋高など力のあるチームがいるが、原監督は「 県内は 圧倒したい」と語り、田村も「全国出て勝つためには県でも圧倒して勝たないといけないと思う」と力を込める。

>

ノースアジア大学明桜高等学校にようこそ

ディフェンダー陣も相手の攻撃にしっかりと対応し、大会全試合を無失点に抑え、4対0でこの試合を制し、第99回全国高等学校サッカー選手権大会秋田県大会の優勝を勝ち取りました。 守備が非常に硬いですが、得点力も併せ持ったチームです。 追加点は50分。 2月 - 校舎を現在地に移転• 部活動では野球部が有名ですが、サッカーでも 高知県内の強豪校の1つとなっています。 前半27分、自陣からの長いパスに反応した鈴木隆が左サイドからセンタリング、佐藤拓がゴール前でディフェンダーとの競り合いに勝って先制しました。 2018年、チーム目標を「全国ベスト8」に引き上げ、周囲からの大きな期待を背負って高総体に臨みました。 秋田出身のDF鎌田太耀主将(3年)は「流経(流通経大柏)戦が印象に残っていて、セカンドチームでも秋田なら全然優勝できるレベルだった。

>

明桜「全試合圧倒」目標 強豪校と対戦し心身成長

原監督が就任するまでの10年間の選手権予選は8強が最高。 3 校長就任と同時に、ノースアジア大学経済学部専任講師を併任し、校長退任後は大学専任 第16代 花田富士夫 2015. 【監督】小原 昭弘…1972年花巻に生まれ、小学校から始めたサッカーにのめり込み、花巻中学校から盛岡商業高校に進む。 先制点から直ぐに、ゴールエリア内で田中がキーパーを引き付けて折り返したパスに、内藤が合わせて2点目。 スーパープリンスリーグで好調な熊本県・ 大津高校も準決勝で敗退です。 その後もボールを保持し、攻守に積極的にプレーをしましたが、前半を1対0で終えました。 下の記事をご覧ください!. また日本代表でも活躍し、サイドバックながらゲームを組み立てることができる、すごい選手だったと思います。

>

男子サッカー部 / 明桜高校

4月 - 「 秋田経済法科大学附属高等学校」に改称• セカンドボールの回収や強度高い守備が持ち味。 秋田工はGK草皆竜馬 2年 やCB主将 3年 中心に我慢強い守備。 惜しくも敗れましたが、終始攻める意識が強く、両サイドを効果的に使ったり、ミドルシュートを狙ったりと多彩な攻撃で相手ゴールに迫りました。 7 校長 武塙校長時代には、法人の「学園長」へ就任。 1対0としました。

>

明桜高校 部活動体験 随時開催 2020年度 秋田県

3年時には全国中学校大会優勝を経験している。 この試合でも左右両サイドからの攻撃でゴールに迫りました。 J1 [12月5日 20:46]• - 元プロ野球選手( - 中日)• 内田篤人さんは、2020年8月に現役を引退したばかりです。 4月 - 「」増設• 今回の東北新人戦は準決勝、3位決定戦でいずれも再三の決定機を活かせず、勝負どころで相手を下回って4位という悔しい結果に終わった。 原監督率いる明桜がベールを脱ぐ。 今回の大会からも誕生するでしょうか。

>

明桜高校サッカー部のメンバー2020

Dゾーン 優勝候補筆頭!青森山田が頭一つ抜ける Dゾーンは、優勝候補筆頭の 青森山田高校が今年も充実した戦力で、頭一つ抜けた存在です。 J3 [11月29日 13:01]• それが「チーム47」(昭和47年生まれ)として、今もずっとつながっている。 市立船橋高校も、激戦区・千葉県予選を勝ち抜き、伝統的な強さがあります。 日本代表 [12月4日 11:23]• 18年度選手権秋田県予選で準優勝。 【コーチ】千葉 一輝…小原昭弘監督の教え子で、本校事務職員。

>