ハムステッド ティー ルーム。 【東北女子のおすすめグルメ情報】仙台 ハムステッドティールーム

『2016年版 ロンドン☆美味しいスコーンを求めてティールーム巡り♪』ロンドン(イギリス)の旅行記・ブログ by milkさん【フォートラベル】

「美しい人は、甘いものを絶対に口にしないのではなく、体が喜ぶものを知っていて、選んで摂取します」と言う店長さんは、以前に庄子公美子さんが紹介してくれた「ガネッシュティールーム( )」から独立した方。 20歳の時に父親が死去したため、エディンバラ大学を中退し、弟のジェームズと共に設計事務所を継ぐ。 以下このページをお借りして、ささやかに愛を綴ろうとも、またあとで書き加えたいことが増える一方なのは必然です! それを承知で、では、果敢にも書き進めましょう…… 扉を開けるとそこは、上品さと可愛らしさに満ちみちた秘密のお部屋。 ご飯よりもパン類が大好きですがスコーンはほとんど食べたことがありません。 そんな時代の空気が、過剰な装飾を排し、シンプルで男性的なギリシャ・ローマの古典様式を模範とした様式を生んだのだ。

>

『2016年版 ロンドン☆美味しいスコーンを求めてティールーム巡り♪』ロンドン(イギリス)の旅行記・ブログ by milkさん【フォートラベル】

ロンドンは大好きなのですが、ここ2年行っていなかったのでちょっと懐かしかったです。 この記事を執筆させていただくのも三回目の今日は、出し惜しみしていた特別なお店「ハムステッドティールーム」をついに出そうと思います。 ロンドンのサヴォイ・ホテルのすぐそばに、アデルフィ(Adelphi=ギリシャ語で兄弟という意味)と呼ばれる端正な一角があるが、これはアダムが弟と共に開発した、時代の最先端をいく住宅地で、付近には彼らの名を冠したアダム・ストリートという通りもある。 でも、紅茶専門店なら行ってみたいな〜、と思っています。 文体フェチの私からすると、それがえもいわれぬ豊かな感覚をもたらしてくれるのです。 美術館のステンドグラスが美しいカフェでのんびり本を読みながら空間を楽しみたいな。

>

ハムステッドティールーム (Hampstead Tea Room)

退屈な白壁にならないよう、美しい模様が施されている。 その前は、ラベンダーミルクティーとキャロットケーキの姿から三匹の蝶を想起したちひさなおはなしでした( )。 最後のオーナーが女性だったこともあり、家具・陶器、小物・刺繍など女性らしさを感じられる内装をご覧いただけます。 お店のはハムステッドルーム hampstead-tea-room. ホームページ オープン日 2011年4月1日 備考 Wi-Fiご利用いただけます。 その8番地は英国に産業革命をもたらした起業家の一人、リチャード・アークライト(Richard Arkwright 1732~92)の住居でもあった。 美味しいスコーンにも飢えていたので、調子に乗って食べ過ぎました(笑) 他にも候補があったのですが、流石に周り切れなかったので次回かな? ロンドンは東京と同じでお店の入れ替わりが激しいので、ちょっと行かないとすごく変わってしまいますよ。

>

『2016年版 ロンドン☆美味しいスコーンを求めてティールーム巡り♪』ロンドン(イギリス)の旅行記・ブログ by milkさん【フォートラベル】

本格的な紅茶がいただける英国調のカフェです。 各家庭やルーム、ホテルなど それぞれの味があります。 18世紀前半に発掘されたポンペイの遺跡がきっかけで古代への関心が高まっていた欧州、特に、それまで流行していたロココ美術があまりに甘美な装飾様式であったため、これを貴族主義的、退廃的と批判する動きが活発化したフランスで始まった。 また、スコーンだけでなく、各ルーム・お菓子研究家が得意とする イギリス菓子のレシピも充実。 milk ロンドン・ティー・ルーム、そんなに有名だったのですね。

>

『期待が高かっただけにちょっとがっかり』by miumiu7421|ザ イングリッシュ ティー ルームのクチコミ【フォートラベル】

しかし見聞を広めるために1754年から、4年間に渡りイタリアに滞在。 紅茶は度々のイギリス買い付けを経て、インドとスリランカの様々なものが揃っています。 優しく丁寧に教えてくださるので、紅茶に詳しくなくとも、その日・その時期のおすすめやお菓子との相性など、気軽に尋ねることができます。 1人席のテーブルはとても小さいですね。 店長さんは、ちょっと着飾って、ちょっと気取って、上品にお茶をすることの愉しさ大切さに理解を示してくださる方でもいらっしゃいます。 お客さんが見ている・いないに関わらず、一身に愛を受けて大切に扱われた食べ物ばかり。 は「」でし、類もの物を。

>

[B!] 【仙台】おいしい英国紅茶が楽しめる”Hampstead Tea Room”(ハムステッドティールーム)に行きました

べるは欲張り?なのでアフタヌーンティー巡りがしたいです。 歩いて分ほど。 それぞれ5分で移動できる3ヶ所のご紹介でした。 端正な店員さんやメイド風の店員さんが晴れやかに迎えてくれます。 (大分昔のものをお借りしましたが…) このお店のお菓子は甘すぎないのでどれも好きですが、最近ではよりヘルシーな方向へと改良が進められており、動物性タンパク質不使用のケーキも出ました。 白いテーブルクロスにもお花の刺繍があり、テーブルの隅にはすずらん形の愛らしいランプが置かれており、これらアンティークのクロスやランプはテーブルごとに色違いです。

>