青山 透子 ブログ。 「御巣鷹山に堕ちるぞ!」33回忌を迎える日航123便墜落の新事実

あほ、事故原因が違うって?青山透子

湿気の多い夏山にそのケロシンがばらまかれたとしても、医師が言うように「2度焼きした遺体、筋肉や骨の奥まで炭化」にはなりません。 そもそも、なぜ、ファンナム機が追尾していたのだろうか? 青山さんは、群馬県上野村小学校百四十八名の日航機墜落事故についての文集『小さな目は見た』(1985年9月30日発行)、群馬県上野村立上野中学校八十七名の日航機墜落事故特集『かんな川5』(1985年10月1日発行)の存在を見つけてきました。 私自身が山の中に寝泊まりしているわけで、飛行機が山に落ちてくると言われれば、外に出て夜空を眺めながら不安な気持ちでいっぱいになりました。 」とに迫った。 国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。 上記メルマガを初めてご購読される場合、 2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

>

あほ、事故原因が違うって?青山透子

当事者しかわからない、さまざまな疑問や今後再調査への決意を述べられた。 35年が過ぎて、時代が嘘や隠し事を許さない流れになってきている。 そういう意味でも、世界中の人たちに対して私らが責任をもって解明していきたいと思います。 遺族は、国土交通省の外局、運輸安全委員会が保有する文書の開示請求を求める訴えを起こした。 外部からの破壊的な力が第4エンジンに働かなければ、第4エンジンだけが木っ端みじんになるということは考えられない。

>

公式サイトをお読み頂いた皆様へ 青山透子より

絶対にこの夫の遺言に沿うように頑張りたい。 そして、なぜ、早期の救援活動が行われなかったのか。 よろしくお願いします。 青山透子に取材源を聞いたけど教えてくれなかったとか、ファントムを見たという自衛隊員に聞いても仕方ないとか、肝心の所は全部自分の想像だけで済まし、都合の悪い所?は全く取材らしいことをやってない。 狙った標的でないものを破壊する行為は、今でもあるのだから、1985年にだって、日本にでも十分あり得る話。 夏休みをで過ごしていた中曽根首相は、東京へ戻る特急の中で事故の報告を受けたという。 ・日航社長(当時高木養根)と中曽根首相に直談判に行った。

>

日航123便墜落の真相を明らかにする会発足のお知らせ

そのときからずっと私の気持ちに寄り添って次々と研究して調査をしてくれました。 米軍が絡んでいるんでしょ?たぶんね」という返事が返ってきたという。 の報道からわかる世界情勢同様、今年の初めに起きたイラン国における自国の軍隊による民間航空機誤射事件のように、「ありえないことはない」という目を持ち、この会を温かく見守って頂きつつ、皆さんが広く世間に周知して頂ければ幸いです。 神奈川県で教師をしていました。 その経緯は9年前の直言で初めて明かした。 ご著書、一気に読みました。

>

青山透子がブログで、偽JALパイロットが日航ジャンボ機123便事故の...

そこに家族へのメッセージは書かれていない。 そしてその時、あることに気づいた。 ・調査資料を廃棄した。 青山さんの本を普通に読めば全てがわかる。 BSMIさんは、随分注意を重ねて書いているつもりでしょうが、「死ぬときは殺された員を含む530名分の苦痛を飯の種にした呵責で苦しむでしょう」という文章は、十分に脅迫文にとなりうる。 中略 規範起業家のサイクルを思い出しました。 私はあなたの心に1%でも良心が残っているなら、決死の覚悟で中曽根が「墓場まで持っていく」と言った内容を暴露すべきだと思います。

>

青山透子がブログで、偽JALパイロットが日航ジャンボ機123便事故の...

この2つをつなぐものは何か。 突然夫を亡くし、その遺体は細部にわたってバラバラでした。 続きは本日の 第1822 号「日航ジャンボ機墜落事件炭化遺体と軍用燃料」 でご購読下さい。 タイトルは、この手の本にありがちな「新事実」「目撃証言」「真実」という言葉を組み合わせた平凡そのもの。 その機体を見た後、いつもどおりの道を車に乗って帰宅途中、今度は目の前を飛ぶ2機のファントム(F-4J)を見た。

>

青山透子がブログで、偽JALパイロットが日航ジャンボ機123便事故の...

これからは英国などの海外メディアも関心をもってくると思うので、日本のメディアの皆さんもしっかり取材していただきたいと思う。 いろいろと思い当たるようであったが、事故原因については「そういうことはねえ、今言っちゃいけないんだよ。 聞いてはくれても、記事にはならず、全て無視です。 この会の弁護士チームの中心は三宅弘弁護士で、賛同する弁護士の皆さんが全力でサポートします。 ***** 本日、「123便墜落の真相を明らかにする会」が発足しました。 公式サイトを通じて、例えば、正義感溢れる員の方、医師、看護士、の人々、目撃者、当時の政治家等、実に多くの方々とお会いする機会に恵まれました。 1985年の時点で防衛庁長官だった加藤紘一氏や運輸大臣だった山下徳夫氏へのインタビューの際の写真を示しながら、また、墜落現場上野村の黒澤丈夫村長の協力で得られた事実や情報を示しながら、地道な事実解明を行ってきたことを明らかにしていく。

>