五井 昌久。 白光真宏会という宗教団体は、どうなりましたか?

代表理事挨拶|社団法人五井昌久研究会

簡単に申しますと、この五井先生のファン の方が五井先生を知ったのは、友達に E. ということは、この太陽系とか小さい?規模の神様ではないんですよ。 『老子講義』:老子の現代的解釈• この世の中のいかなる苦悩も、現われれば必ず消えてゆく。 誰もが神体の存在である。 私達の天命が完うされますように• 守護霊・守護神 [編集 ] 五井の宗教は別名、守護霊守護神教とも呼ばれるくらい、守護霊・守護神の重要性を強調している。 7歳で関東大震災に遭い、家が焼けたため、一時、父の郷里新潟県に移り住み、近くの寺でお経を聞いたり、座禅をくむ経験をした。 (1955年)• 文化活動の中心者として、された青少年の心を癒そうとつとめた。 世界平和の祈りを一心に唱えることで、根源から来る精妙なエネルギー、すなわち「救世の大光明」に心を繋ぐことになる。

>

五井先生の遺言(3) 五井先生の絶筆

日本が平和でありますように• 五井は植芝を「神の化身」と讃え、植芝は五井を「祈りのご本尊」と敬った。 『神と人間』にある、五井昌久先生のお写真(今の本とは違ってもう少し年代の後のもの)を見て、「この方は本物!」と心から微塵の疑いもなく思ったのです。 1905年• 物事にはすべからく原因があって結果が存在いたします。 高等小学校1年を終え13歳で日本橋の小さな織物問屋の店員となった。 肉体は、そもそも粗い波動を持っている。

>

五井昌久の世界平和の祈り

(昭和15年)、の亀有工場に入社。 1954年• (1954年)• (1948年)• 何もなく、何にでもなり得る空間。 良いも悪いも、過去世から 溜まってきた蓄積がある。 その時に、この方はいろいろわかって、世界平和のために働かれている方です。 1882年• これを実行していると、個人も人類も真の救われ(正覚)を体得できる( 個人人類同時成道)。 Email :. 千葉方面には縁のない私、でも本当はその周辺も縁があったことは後からわかってびっくりしたのですが、その頃は市川なんてぜんぜん知らないし遠いし、でも行きたかった。

>

五井昌久

お能は観世流(観世会)が中心です。 (1999年) 天理系. それから手元に届いた五井先生の他の本もすごい勢いで読みあさり、その後も知れば知るほど、五井先生のやさしさ、人格の素晴らしさの魅力と、わかりやすく、しかもどこまでも高いみ教えの虜になってゆくのでした。 人間社会に渦巻く我欲の想いには凄まじい勢いがあり、一度社会人になったらいつの間にか「大切な何か」を忘れ、自分が本来何を求めていたのかさえ分からなくなるのは必定と言えるであろう。 そしてその日に入会しようと、誰の誘いもなく決めていました。 すべての垣根を越えて、管理人が自由に好きなことを綴っていますので、まとまりがないかもしれませんが、ご了承下さい。

>

五井昌久の世界平和の祈り

ホントウに良かったですね?. 皆さんも、そこのところをよくよくお考えになって下さい。 人間は守護霊・守護神によって常に守られている。 1859年• ホントウの話が、これは、言ってもわからないと思いますが、やがて、皆様も次元が上がってくればわかると思います。 当初の活動は、人生指導や病気治療を主とした活動であったが、その根底にある思想は、人々の心が平和になることによる大調和世界(完全平和世界、地上天国)の実現であったとする。 世界平和の祈り [ ]• 霊光写真や「世界人類が平和でありますように」の祈り言は、何故これほどまでに円盤と親しい縁があるのか、誰しも不思議に感じることですが、それはどうも 五井先生が宇宙の系統に属する御方であるところからきている感があります。 五井の思想から生まれた平和活動 [編集 ] 五井昌久は、個人の救済のみならず、世界平和の樹立を希求していた。 1948年• 守護霊様ありがとうございます• (ちなみに、その原因については上記の如く五井先生が自ら説明されていましたが、或いはそれは全て会員数の急増に伴う会員さんの業によるものだったのかも知れません。

>

五井昌久先生・西園寺昌美先生

(なお、引用文中の ゴチックは引用者によります。 W先生が母船-UFOで、五井先生のことをお聞きになり、その話をお聞きになり、五井先生のファン になったということらしいですね。 しかし、ご逝去前の約5年間の五井先生のお苦しみは、人類の業を浄める働きがそれに加わって、先にも書いたように筆舌に尽くしがたいものがあったようです。 1913年• 1935年• (1948年)• 日本が平和でありますように• 1840年• そんな中、これまた偶々見ていた随筆集 『行雲流水』 (昭和57年刊) の中の「天然現象と祈り」と題する文章の末尾に「昭和55年9月号発表」と記されているのを私は発見したのです。 守護神とは神の救済面、愛の働き(神のもう一つの働きは法則である)の権化で、人類救済の任を帯びた偉大な光明体である。 今生に現れている事は、 必ず自分に原因がある。

>