下野 新聞。 栃木県内の新聞について

お申し込み

発行所名は足利新報の旭香社を引継ぎ、題字は栃木新聞を継承した。 - 第2次栃木新聞休刊• 12月 - との間で緊急事態が発生した場合の新聞発行に関する相互支援協定を締結• 6月1日 - 宇都宮市に常設のカフェ「下野新聞NEWS CAFE」をオープン 本社 [編集 ] 一丁目8番11号 支社・総局・支局 [編集 ] この節には 複数の問題があります。 宇都宮で「下野旭新聞」を発行していた鶏鳴社との合併・移転準備のため1884年2月21日付で休刊。 - 日刊化(4ページ)• 販売・配達エリアは栃木県内全域と隣接するの一部など。 4月1日 - 第1回「下野美術展」を主催• いつでもどこでもスマホで確認できる下野新聞電子版も 支社・総支局住所一覧 電話 住所 那須塩原支局 0287-67-1623 那須塩原市沓掛1-2-8那須塩原サンライズスクエア101 大田原総局 0287-20-1023 大田原市浅香1-5-7 矢板支局 0287-40-1023 矢板市扇町1-13-7シムシティ21-102B 那須烏山支局 0287-80-1023 那須烏山市旭1-1591-12 日光今市総局 0288-30-1023 日光市今市本町7-8 日光支局 0288-50-1023 日光市石屋町6-5 宇都宮総局 028-632-2958 宇都宮市役所内記者クラブ まちなか支局 028-908-1023 宇都宮江野町8-12 さくら支局 028-681-7023 さくら市卯の里4-55-4 鹿沼支局 0289-60-1023 鹿沼市下田町2-1080-3 下野支局 0285-51-1023 下野市文教1-20-17秀和マンション102号室 茂木支局 0285-64-1123 茂木町茂木1590 真岡総局 0285-80-1023 真岡市荒町5204-9 足利総局 0284-40-1023 足利市大橋町2-1821 佐野支局 0283-20-1123 佐野市高萩町467-1 栃木支局 0282-20-1023 栃木市万町7-5 小山総局 0285-30-1123 小山市粟宮1-10-1 東京支社 03-5501-0520 東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル8F 大阪支社 06-6346-8690 大阪市北区梅田3-4-5(毎日新聞ビル4F). 1878年 - 第1次杤木新聞、計37号で休刊• 2019年5月18日• その間にはらが編集者として名を連ねている。 脚注 [編集 ]• (16年)に経営難からの支援を受ける一方、一県一紙の国策で栃木県の代表紙となり県内の他新聞社を吸収している。 第1次 1878年6月1日 - 11月2日(計37号) 題字は「杤木新聞」、発行所は栃木(現・栃木市)の万象堂、月8回刊。

>

下野新聞とは

( 2020年5月)• 2011年11月25日 - と緊急時の新聞発行に関する相互支援協定を締結• 1993年 - 株 下野新聞アドセンター設立• 4月1日 - 同日開局した「ラジオ栃木」へニュース情報の協力・提供開始• 1941年 - 夕刊休刊(以後、再刊はされていない)• 4月1日 - 第1回「下野美術展」を主催• 4月1日 - 同日開局した「ラジオ栃木」へニュース情報の協力・提供開始• - 鉄筋コンクリート3階建の新社屋完成(宇都宮市本町4番11号、現在の下野新聞ビル「ホテル・ザ・セントレ」所在地)• ( 2020年5月) 朝刊のみの発行で、発行部数(調べ)は約31万部。 ただし、記事交流はなく、ホームページのリンク等にも毎日新聞社へのリンクはない。 やノートページでの議論にご協力ください。 (11年)創刊。 原紙・縮刷版・マイクロフィルム・CD-ROMなど、何らかの形で所蔵のあるものは以下の通りです。

>

会社概要|下野新聞 SOON(スーン)

3月7日 - 創刊100年• 下野新聞ハウジングセンター• 9月1日 - で東京各紙発行不能のため、9月7日まで下野新聞を東京に送る• 下野奨学会• と資本・協力関係にある。 1999年 - 創刊115年を機に下野新聞編集綱領を制定• - 宇都宮市池上町51番地に洋風2階建て社屋を建設、移転• 2006年6月1日 - 創刊日を1878年6月1日に正式に改め、これまでの発行号数に栃木新聞時代の781号を加算、43,019号とする(創刊128周年)• その間にはらが編集者として名を連ねている。 - 栃木県出身のお笑い芸人。 - の講和条約に反対し4日間の発行停止を受ける• 栃木県少年サッカー大会(栃木放送と共催) 関連会社 [編集 ]• 6月1日 - 宇都宮市に常設のカフェ「下野新聞NEWS CAFE」をオープン 本社 [ ] 一丁目8番11号 支社・総局・支局 [ ] この節には 複数の問題があります。 ただしこれは田中の記述を元にしており、他の関係者の記述では、田中は退社後も合併準備のために走り回り、第3次栃木新聞の発刊を見届けるところまで関係していたともいう。 なお、田中正造は合併に反対し、合併前の1882年5月に退社している。 下野新聞小学生読書感想文コンクール• 下野教育書道展• 1997年7月 - 本社新館完成• ご入金がない場合、受験票は発行・送付されませんのでご注意ください• 下野新聞NEWS CAFE• 4月1日 - 栃木県政経懇話会を設立• - 「しもつけ21フォーラム」創設• - 本社スタジオから同日開局した「とちぎテレビ」へニュース中継開始• なお「下野旭新聞」についてはほとんど記録がないが、発行回数などはあまり多くなかったらしい。

>

栃木県内の新聞について

注意事項• - 印刷部門を分離し(株)下野新聞印刷センター設立、鹿沼工業団地内に新印刷センター竣工• 1月1日 - プレプリント方式によるカラー印刷を開始• 宇都宮で「下野旭新聞」を発行していた鶏鳴社との合併・移転準備のため1884年2月21日付で休刊。 4月1日 - 県域FMラジオ局「」設立にあたり資本参加• インターネット以外で申し込みしたい方は、ください• - 本社スタジオから同日開局した「とちぎテレビ」へニュース中継開始• 2019年11月6日閲覧。 地域版が充実、身近な情報がいっぱいです。 1941年 - 夕刊休刊(以後、再刊はされていない)• 当初は1884年3月に現在の題字になった年を創刊とみなしていたが、上記の事情で付けに旧栃木新聞が創刊した1878年を創刊とみなし、この日の紙齢は前記・1884年からの号数「42338号」に、初代栃木新聞の合計号数「781号」を追加した「43019号」として発行した。 1941年 - 一県一紙の国策により栃木県の代表紙となり、数社を合併する• 下野教育美術展• 10月 - によるカラー印刷開始• 1882年 - の足利新報と対等合併し(第3次)栃木新聞創刊(発行所・旭香社)• が含まれているおそれがあります。

>

会社概要|下野新聞 SOON(スーン)

足利新報との合併準備のため1882年7月31日付を最後に休刊した。 県域紙として栃木県内での影響力は大きく、県域テレビ「」・ラジオ局「」、「」の設立にも大きく関与している。 第2次 1879年8月2日 - 1882年7月31日 発行所は共進社、隔日刊。 第2次 1879年8月2日 - 1882年7月31日 発行所は共進社、隔日刊。 やノートページでの議論にご協力ください。

>

会社概要|下野新聞 SOON(スーン)

よって「42339号-43018号」は存在しないことになる。 所蔵状況については、「栃木県立図書館所蔵新聞データベース」で検索してご確認いただけます。 1月1日 - プレプリント方式によるカラー印刷を開始• なお「下野旭新聞」についてはほとんど記録がないが、発行回数などはあまり多くなかったらしい。 内容に関する文献や情報源が必要です。 1878年 - 第1次杤木新聞、計37号で休刊• 3月24日 - 開局前のを開始した「エフエム栃木」へニュース原稿の提供開始• - 現・所在地に新本社屋完成• 1945年7月12日 - 宇都宮大空襲の戦災により発行不能となり毎日新聞に委託、発行を続ける• - 発行号数40,000号• 独自研究が含まれているおそれがあります。 - 株式会社に改組、下野新聞株式会社と改称• (16年)に経営難からの支援を受ける一方、一県一紙の国策で栃木県の代表紙となり県内の他新聞社を吸収している。 2006年 - 発行号数42,237号• - 足利町で「両野新報」発行• 下野新聞ハウジングセンター• 2011年10月11日 - と緊急時の新聞発行に関する相互支援協定を締結• 下野新聞小学生読書感想文コンクール• - 第2次栃木新聞休刊• 内容に関するが必要です。

>