アメリカ 大統領 選挙 世論 調査。 4年前の米大統領選は番狂わせ、世論調査の精度は? : アメリカ大統領選挙2020 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

「トランプ不利」ではないアメリカ世論調査の「超接戦」

実際に前回の選挙では高卒以下の人が多くトランプ氏に投票したことが判明しており、世論調査ではこの傾向が捉えられなかったという。 トランプ氏は両国への強硬姿勢をアピールすることで一部の切り崩しに成功したとみられる。 中道穏健派層も6ポイント低下し、バイデン氏と30ポイントの大差がついた。 今回の大統領選挙はバイデン優勢だが、当選を確実視するような空気はない。 ネットニュースサイト「ねとらぼ」編集長・加藤亘さんに話を伺いました。

>

もし「アメリカ合衆国大統領選挙に投票するなら…」トランプ? バイデン? 世界10ヵ国「世論調査」の結果は…

今回の予備選挙でも苦戦しながら勝ち残ってきた。 大手メディアはすべてトランプを「差別主義者」と決めつけたので、トランプ支持者は職場や地域で発言できませんでした。 鈴村:なるほど。 eyJpYXQiOjE2MDY5MTMxMTgsImV4cCI6MTYwNjkxNDkxOCwianRpIjoiTW96aWxsYS80LjAgKGNvbXBhdGlibGU7IE1TSUUgNi4wOyBXaW5kb3dzIE5UIDUuMTsgU1YxKSJ9. 民主党からすると今回の大統領選挙はギンズバーグの弔い合戦だ。 トランプ氏の評価と比べると、各国とも「どちらかというと良い」と「どちらかというと悪い」の割合の差は小さく、また、「わからない」の割合が多い。

>

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 政権移行動き始めたが...民主党支持者にも「選挙不正」論: J

9月下旬から投票直前まで毎週、朝日放送テレビとの共同世論調査を実施した前出の米重氏はこう語る。 実は9月の時点では、各社の世論調査で都構想賛成が反対を大きく上回っていた。 「コロナ蔓延を煽り立て、トランプはゴルフしかしていないと報道をするのも、意図的だ。 しかし、トランプ氏を愚か者扱いし、無視する態度は、大統領選挙には不適切だと感じる有権者もいる。 サンプルの取り方は世論調査の肝といえる。

>

トランプ支持層のメディア不信、世論調査の精度に影響か 米大統領選を分析(西日本新聞)

誤解を生んでいるのがメディア各社の世論調査だ。 一方、わずかな差ではありますが、より多くの有権者がバイデン氏を否定的な見方よりも肯定的な見方で見ています。 トランプは前回の大統領選でも黒人から嫌われていたが、白人層の支持によって当選しました。 最高裁におけるパワーバランスの崩壊リスクによって、「トランプ対バイデン」の戦いが、「共和党対民主党」の総力戦になってしまった。 最初のアイオワ州では、インディアナ州のサウスベンド市長で同性婚した38歳のピート・ブティジェッジが1位につけ、急進左派バーニー・サンダース上院議員に競り勝ったことが注目を集めた。 今回も、逃げるバイデン、追うトランプという構図は同じで、選挙戦終盤に私は『今の状況は9回裏2アウト、ランナー一、二塁、バイデンが2点リード。 一方、バイデン氏については、全体的に「わからない」の割合が多くなるという結果でした。

>

米大統領選2020 世論調査を読む トランプかバイデンか:日本経済新聞

すべて覆されると思う」と自信たっぷりだ。 最悪、トランプさん倒れたら、一番まともそうなペンス氏が控えてるわけだし。 例えば、直接面談して行なわれる調査では立憲民主党の支持率は3~4%なのに、電話で人間のオペレーターが行なう調査なら7~8%、弊社が行なっているオートコールの電話調査だと10%以上の数字が出る、ということもあります。 日本時間きょう午前中のうちに、日経平均先物は瞬く間に800円以上値下がりし、メキシコペソは米ドルに対して過去20年で最大の下落を記録した。 開票の当初は、トランプ大統領優勢の報とともに、「世論調査がまた外れた」との風評が巻き起った。

>

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 政権移行動き始めたが...民主党支持者にも「選挙不正」論: J

実際、彼女の死以降、莫大な寄付金が民主党に集まってきているのだ。 「何ですって? あなたは本当に私たちの選挙が安全で公正でなかったと信じてるの? あの人たちは狂ったナチス! すべて陰謀論よ」 この知人というのは、私が高校時代に米中西部ウィスコンシン州にある人口2000人の小さな町でホームステイした家族のホストシスターで、今も親しくしている。 例えば、「トランプ氏を支持するか」という質問に続けて、「あなたの近所に住む人の多くはトランプ氏を支持しているか」という質問を設ける。 しかし、バイデンにはそれがない。 世論調査に基づく選挙予測の精度に注目が集まっている。

>