日本 旅行 コロナ。 ビジネス特集 JTBとJALに聞く コロナの影響と観光・航空のこれから

日本旅行、プレミアム付商品券のオンライン販売システム、宇都宮市に提供、コロナ発生時の追跡機能も

土地や家屋が焼失した市民は避難生活を余儀なくされています。 9月25日より入域制限の対象となる州は以下の通りです。 7月1日~7月31日の期間内で運航される主な定期便は以下の通りです。 7月21日までとしていた期日を8月21日まで延長すると発表しました。 3州では感染が拡大している地域から入州する全ての市民や渡航者に対し14日間の自己隔離を義務付けていますが、新たに3州と2地域が追加されました。

>

ビジネス特集 JTBとJALに聞く コロナの影響と観光・航空のこれから

入国後の自己隔離については一部で例外が認められ、両国間の輸送に従事する方や商用を目的とする往来に限り自己隔離が免除されます。 4月25日より段階的に制限措置を緩和していますが、サンフランシスコ等の主要都市では5月末以降も外出禁止令を適用し、不要不急の外出を控えるよう要請しています。 ハワイ州政府が指定する日本国内の医療機関は現在21か所ですが今後さらに追加となる予定です。 両国との国境は米国内の感染状況を鑑みて、年末まで封鎖される見通しです。 対象州となる基準:直近7日間における平均値を基に決定。 黄色の対象州からの渡航者はシカゴ入域の際に新型コロナウイルス検査や自己隔離が免除されます。 また、メキシコと米国の国境閉鎖も5月20日頃まで延長される予定です。

>

中国IT大手アリババ、日本バーチャル旅行を生中継、コロナ収束見据え訪日旅行意欲喚起へ

また、空港からの公共交通機関は利用禁止となるため、自家用車やレンタカーの利用を推奨しています。 日本を含む約180の国と地域を、これまでのレベル3 不要な渡航の延期勧告 からレベル4 渡航延期勧告 に引き上げました。 対象州は2週間ごとに更新されます。 シカゴ市へ入域後の自己隔離 対象を18州に拡大 シカゴ市では新型コロナウイルスの感染被害が深刻な州から訪れる市民や渡航者に対し、入域後14日間の自己隔離を義務付けています。 利用の際は予約制とし、1つのテーブルにつき6人までとなります。 自己隔離要請の対象州 10月6日発表 ニューメキシコ州、コロラド州、ミネソタ州、ネバダ州、ロードアイランド州、ワイオミング州、アラバマ州、アラスカ州、アーカンソー州、デラウェア州、フロリダ州、ジョージア州、アイダホ州、イリノイ州、インディアナ州、アイオワ州、カンザス州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、ミズーリ州、モンタナ州、ネブラスカ州、ノースカロライナ州、ノースダコ州、オクラホマ州、サウスカロライナ州、サウスダコタ州、テネシー州、テキサス州、ユタ州、ウエストヴァージニア州、ウィスコンシン州、グアム準州、プエルトリコ準州 前回の対象から削除された州は無く、現時点で33州と2地域が対象となっています。 米国内の新型コロナウイルス感染状況 12月8日更新 現地時間12月7日現在、アメリカ国内における新型コロナウイルスの感染者数は以下の通りです。

>

【2020年12月8日更新】新型コロナウイルス アメリカ入国制限と対象国の最新情報

クルーズ船は3月20日から、旅客機は近日中に開始予定• 渡航者は14日間にわたる自己隔離や公共の場でのマスク着用義務など、州で施行中の規制を遵守することが求められます。 特にトイレは感染リスクが比較的高いとされることから、トイレの蓋を閉めて汚物を流すように表示し、ハンドドライヤーは止め、共通のタオルは禁止。 衛生面の対策を今のうちに進めておくことが必要になる」と話しています。 赤色 : 人口10万人あたりの新規陽性者数がシカゴ市より多い下記の11州が対象となります。 この判決を受け、現地をはじめニューヨークや首都ワシントンなど各地で抗議集会やデモが発生。 入州時に自己隔離が義務付けられる州は感染状況を鑑みて毎週更新されますが、今週は過去最多となる31州が対象となりました。

>

コロナ禍の「旅行」に対する意識変化、直近6ヶ月間を比較分析、「観光地を応援したい」が月を追うごとに増加

9月8日更新 : ニューヨーク州、ニュージャージー州、コネティカット州への入州制限 対象が34州と1地域に拡大 ニューヨーク、ニュージャージー、コネティカットの各州政府は感染が拡大している州からの入州制限を導入し、対象とする州を定期的に更新しています。 入国制限措置に記載されていない場合であっても、 無症状であること、陰性証明書の携行、各国当局のウェブサイトへの事前の登録等が入国の条件となっている場合があります。 屋内外問わず集会は6人以下とし、飲食店はテイクアウトか宅配サービスのみ営業が認められます。 食品販売やインフラなど生活に必要不可欠な業種のみ営業が可能• 国内の累計感染者数が550万人を超えたアメリカに対し、カナダの感染者数は約12万人となっています。 JL016 : 月・木運航• アラバマ州、アリゾナ州、アーカンソー州、カリフォルニア州、コネティカット州、デラウェア州、フロリダ州、ジョージア州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、メリーランド州、マサチューセッツ州、ミシガン州、ミシシッピ州、ミズーリ州、ニューハンプシャー州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、ノースカロライナ州、オレゴン州、ペンシルバニア州、サウスカロライナ州、テネシー州、テキサス州、ヴァージニア州、ワシントン州、ウエストヴァージニア州、プエルトリコ準州、ワシントンD. 対象州となる基準:直近7日間による平均値を基に決定。 シカゴ保健当局は市民や渡航者に対し、社会的距離の保持や不要不急の移動自粛を要請しています。 赤色 : 人口10万人あたりの新規陽性者数がシカゴ市より多い下記の州が対象となります。

>

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限

概要は以下の通りです。 陽性者は無症状の場合が多いためウイルスの拡散が懸念されており、州知事は無症状であっても陽性者との接触を知ることで早期の自己隔離が可能になるとコメント。 国境付近へ渡航する場合は、現在施行中の渡航や往来に関する規制を遵守するようお願いします。 この措置は11月6日より適用となる予定で、出発前72時間以内に検査を受診し、陰性が確認された方のみが対象となります。 ただし、対象州に24時間以上滞在した後に3州へ入州する方は自己隔離が義務付けられますのでご注意ください。

>

ビジネス特集 JTBとJALに聞く コロナの影響と観光・航空のこれから

米国では失業給付金の申請者が増加しており、受給者数の割合が多い州の順位は次の通りとなっています。 自己隔離期間は地域の状況と必要性に応じて各州および各自治体の当局により決定がなされます。 事前に提出をしなかった場合は、最高500ドルの罰金を科される場合がありますのでご注意ください。 9月11日更新 : カリフォルニア州の大規模な山火事 昨年焼失した土地の20倍が被害に 先週カリフォルニア州で発生した山火事はその後も広範囲で燃え続け、これまでに200万エーカー 約8,100平方キロメートル 以上焼失したことが明らかになりました。 11月2日更新 : ニューヨーク州への移動に関し新たな入州制限を導入 11月4日より施行 ニューヨーク州のクオモ知事はアメリカ国内の他州からニューヨーク州へ訪れる方に新たな制限を導入すると発表。 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、米国ビザ申請に関して変更となった内容は以下の通りです。

>