ガンダム クソ 解説 bot。 ガンタンクの射程、やばくない…?不正確でいい加減だけどクスっと笑える「ガンダムクソ解説」が話題|ウォーカープラス

専門家「ジムとガンダムに性能差はない」: 思考ちゃんねる

ガンダムの知識はどうやって勉強をしていますか? 「主にWikipediaです。 の乗る陸戦型ガンダム ガンダムと同様のルナ・チタニウム製装甲 も、マゼラトップという戦車砲を脚部に受けて一撃で破損する描写があります。 また、実弾に多少は耐性があってもビーム兵器にはほぼ無力で、ジオンのビーム兵器搭載の量産機として終盤に活躍したゲルググのビームライフルならば、ガンダムを一撃のもとに葬ることも可能とも言われています。 このガンダムのルナ・チタニウムですが、案外劇中で損傷している描写があり、設定上でもそこまで強靭なものではないそうです。 「ジム、良いですよね。 連邦はジオンに比べて相当遅れてMS開発に入った為、MSパイロットの練度も劣っていたはずです。 ガンダムの装甲はルナ・チタニウム ガンダリウム合金 で、チタン系合金の一段上のグレードに位置している装甲です。

>

ガンタンクの射程、やばくない…?不正確でいい加減だけどクスっと笑える「ガンダムクソ解説」が話題

これは、機体の数だけドラマやifストーリーがあり、そういった部分に思いを馳せる余地があります。 好きなガンダムシリーズは? 「映像作品では機動戦士Zガンダムです。 逆に、数日から数週間音沙汰無しの時もあります。 当時最大の口径を誇るバズーカ・ジャイアントバズなら一溜りもないはずです。 劇中の序盤でもアムロ・レイがビームライフルのエネルギーをあっという間に使い切り『弾が無い!』と悲鳴をあげていました。

>

ガンタンクの射程、やばくない…?不正確でいい加減だけどクスっと笑える「ガンダムクソ解説」が話題(ウォーカープラス)

ちなみに、ジオン製のクローも切れ味抜群で、ガンダムもクローの攻撃を受けると容易く装甲を引き裂かれ、足を切断されたこともありました。 「カタログスペックではガンダムより一回り下の性能ですが、実はガンダムに明確に勝ってる部分もあります。 4万人以上のフォロワーがいるガンダムクソ解説botさんに、「ガンダムシリーズに関する不正確でいい加減な解説」をはじめた理由や、ガンダム作品への想いを聞いた。 昨年、40周年を迎えた「機動戦士ガンダム」の奥深い世界観とSF設定は、40年以上経った今なおファンたちにとって語り尽くせないテーマとなっている。 質問にある射程の話もWikipediaの性能諸元を見てネタを思いつき、数字をそのまま絵にしたらおもしろい絵面になるなと思って投稿しました。

>

ガンタンクの射程、やばくない…?不正確でいい加減だけどクスっと笑える「ガンダムクソ解説」が話題(ウォーカープラス)

の乗る陸戦型ガンダム ガンダムと同様のルナ・チタニウム製装甲 も、マゼラトップという戦車砲を脚部に受けて一撃で破損する描写があります。 「『ジオングの弾幕を避ける際の、一般兵とアムロの違い』の解説絵でしょうか…。 ウォーカープラスの新企画「ウォーカービズ」では、ガンダム世代のアイドリングトークに役立つ「ガンダム雑学」を特集。 これはMSの攻撃力と防御力に直結する運動性がガンダムと見劣りしないことを示しており、あとはパイロットの腕ということになりますね。 ガンプラでいうとHGUC ハイグレード・ユニバーサルセンチュリー ですね。 ガンダムの知識はどうやって勉強をしていますか? 「主にWikipediaです。 その点はどうですか? 「アムロの戦闘データがジムに移植され、性能が強化された部分も大いにあると思います。

>

「わざが多すぎる 」

もともとWikipediaをひたすら読み漁るのが楽しいタチなので、ガンダムの知識の大半はそこから得ています。 あと、常にガンプラの最新キットが出るのを待っている機体でもあります。 これはどういった理由ですか? 「ジムとガンダムの公式スペックを比較するとわかるのですが、実は両者に数値上の、特に単純な戦闘力に関しては大差が無いのです。 一方、ビームスプレーガンは『MSを倒せる最低限の威力に抑え、代わりに弾数を大幅に増やす』といった兵器で、劇中終盤のアムロが乗るならともかく、命中精度に劣る一般兵 新兵 が扱うなら、スプレーガンで乱射した方が効果的と言えます。 まあ、実際に乗るなら硬いにこしたことはないですけど…」. ニュータイプと呼ばれる凄まじい才能のアムロですらこの有様なのに、連邦軍の一般兵が使いこなすのは困難だったでしょう。 ちなみに、ジムの強さは、ガンダムの教育型コンピュータが蓄積した「アムロの戦闘データ」が移植されているから、という意見もあります。 クソ解説でも何度か取り上げていて、それだけ自分も魅力を感じている機体です。

>

ガンタンクの射程、やばくない…?不正確でいい加減だけどクスっと笑える「ガンダムクソ解説」が話題

「ジムの『ザ・量産機』そのものといったところに魅力を感じます。 「『ジオングの弾幕を避ける際の、一般兵とアムロの違い』の解説絵でしょうか…。 今回インタビューしたのはガンダム作品をナナメに読み解く「ガンダムシリーズに関する不正確でいい加減な解説」をツイートし、11. 4万人以上のフォロワーがいるガンダムクソ解説botさんに、「ガンダムシリーズに関する不正確でいい加減な解説」をはじめた理由や、ガンダム作品への想いを聞いた。 出てくる組織も複雑ですし、キャラやMSも個性派ばかりでとても解説のしがいがあります。 ガンタンクの射程、やばくない…?不正確でいい加減だけどクスっと笑える「ガンダムクソ解説」が話題(ウォーカープラス) - Yahoo! 出てくる組織も複雑ですし、キャラやMSも個性派ばかりでとても解説のしがいがあります。 もともとWikipediaをひたすら読み漁るのが楽しいタチなので、ガンダムの知識の大半はそこから得ています。 頭部内にスペースの余裕があったのか、あのナリでガンダムよりちょっといいセンサーが内蔵されているそうです。

>

「わざが多すぎる 」

ガンプラでいうとHGUC ハイグレード・ユニバーサルセンチュリー ですね。 ガンダム作品をナナメに読み解くことで、笑いと意外な発見をもたらすツイ民として9. ガンプラを使ったジオラマで、そういった名も無き兵士達のストーリーを考えるなんて楽しみ方もありますよね。 好きなガンダムシリーズは? 「映像作品では機動戦士Zガンダムです。 量産機の特性上、ガンダムと比べて見劣りする点もありますが、それもジムの登場時期からすると、単純に数値だけでは語れないと思います。 クソ解説さんは4コママンガの中で「実戦において、ジムとガンダムに性能差はない」とジムに語らせています。 異常な戦闘力を発揮するアムロ・レイのガンダムをよそに、等身大のパイロットたちはジムで悪戦苦闘し、辛くも生き延び、あるいは…といった姿を想像して楽しめます。 『ザクマシンガンを跳ね返す』というより『ザクマシンガンくらいならまあ耐えられる』というレベルといったところでしょうか。

>

ジムとガンダムに性能差はない?一年戦争の明暗をわけた“ジムの活躍”は「アムロの戦闘データ」のおかげ(Walkerplus)

また、実弾に多少は耐性があってもビーム兵器にはほぼ無力で、ジオンのビーム兵器搭載の量産機として終盤に活躍したゲルググのビームライフルならば、ガンダムを一撃のもとに葬ることも可能とも言われています。 。 質問にある射程の話もWikipediaの性能諸元を見てネタを思いつき、数字をそのまま絵にしたらおもしろい絵面になるなと思って投稿しました。 アニメ『第08MS小隊』では、テリー・サンダースJr. ジムはガンダムに遅れて登場しましたが、それゆえ『例えルナ・チタニウム ガンダム であっても死ぬ火器』の比率が急上昇しているころだったので、ジムのチタン系合金の装甲でも『当たらなければどうということはない』の精神が本質だったかもしれませんね。 連邦軍のMSパイロットの練度やMS運用のノウハウは、ジオン軍に比べて劣っていたと考えるのが普通ですね。 ちなみに、ジオン製のクローも切れ味抜群で、ガンダムもクローの攻撃を受けると容易く装甲を引き裂かれ、足を切断されたこともありました。

>