楽天 モバイル 行政 指導。 楽天モバイル スマホ端末販売 上限超の割り引きで行政指導

楽天モバイルへ行政指導。携帯電話料金値下げは実現できるのか?

房野氏:免許を取得する時に、全国カバーが条件になっていたんですね。 当然、そこに光回線も引かなくてはいけないので、大変なわけですよ。 アメリカという巨大な市場でさえも、4社体制は無理があるということだろう。 官房長官より強大な権力を持つ総理大臣になれば料金値下げができるのだろうか。 法林氏:でも、楽天モバイルの話題は読者の注目度が高いね。 ところが、思ったよりも伸びない加入者を増やすために、大幅な値下げを楽天モバイルが行なったのに、その行為を行政指導されてしまった。

>

【悲報】楽天モバイルに行政指導 総務省「値引きしすぎ」

これにより、Dishも何とか4社目として、大手3社に戦いを挑む舞台には立つことができるわけだ。 1つ確実に言えるのは、行政指導の紙切れ一枚では何の解決にもならないことだ。 値下げにうるさい新しい総理大臣は、この通信業界のがんじがらめで何も消費者のために還元できない悲惨な状況をご存知なのだろうか。 失敗したばっかりじゃん。 法林氏:楽天市場は一定の評価を得ているけど、近年、いろんな企業やお店が離れていっているという話がある中で、今まで指摘されていた細かい部分のダメなところが、楽天モバイルで全部、露呈しちゃった感がある。 第4のキャリアの登場に値下げ競争が激化するのではないかと期待した方も多いとは思いますが、さすがにこれだけ短期間にトラブルを連発されると、とても信頼できませんよね」(経済ジャーナリスト) 同社は「再発防止策を徹底する」とコメントしているが、これ以上ブランドイメージが傷つかないことを祈るばかりだ。

>

楽天モバイルに行政指導…1年半で5度目、スマホ設計を無断変更 : 経済 : ニュース : 読売新聞オンライン

つまり、ルールを守りたくても、そのルールが抜け穴だらけで、誰もまともに把握できていない、というのが大きな問題なのではないか。 楽天だったらやりかねないかなと、一瞬思ってしまった(笑) 法林氏:常識のレベルが違うから。 具体的に見ていくと、 港区は66局あるものの、墨田区は3局、北区は2局、葛飾区は1局とかなり心もとないところも見受けられる。 【追記】• また、1タイプについては、国内で広く用いられているバンド1に非対応であることがユーザーに告知されないまま、販売が継続されていたことが6月26日に楽天モバイルから公表されるとともに、総務省に報告されていた。 。 房野氏:タダなので、入りやすいですしね。

>

総務省、「Rakuten Mini」問題で楽天モバイルに行政指導

この記事について この記事は、毎週土曜日に配信されているメールマガジン「石川温のスマホ業界新聞」から、一部を転載したものです。 石野氏:メンテナンス情報を見た時に、さすがに全停止でメンテナンスすることはないとは思ったんですけどね。 全国カバーを前提にして参入させているので。 違法端末を1円で販売していた 「楽天が一時的とはいえ、1円で違法な端末を販売していたのはさすがに看過できなかった」 総務省関係者は今回の行政指導について、こう話す。 突っ込んでほしい感がすごくしました。

>

楽天モバイルに総務省が行政指導。問題点をスマホのプロが解説

これは、おかしい。 箱根駅伝に例えるなら、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは第10区の終盤、大手町・読売新聞社前のゴールに差し掛かろうとしている。 楽天モバイルでiPhoneの取り扱いを開始するのかは不明だが、3キャリアやSIMフリーでiPhoneを使っているユーザーとすれば、楽天モバイルに移行しやすくなるのではないか。 しかも当日の朝の発表。 [画像のクリックで拡大表示] 問題となったのは、同社が2020年7月15日から実施した「夏のスマホ大特価キャンペーン」。 石川氏:確か、楽天モバイルの第1四半期決算の時に、オンライン契約が多いという話があった。

>

総務省が楽天モバイルに6度目の行政指導――上限2万円のがんじがらめルールは業界を滅ぼす

石川氏:ドコモとauの両キャリアは、ユーザーの動きが手に取るようにわかるだろうね。 その整理ができていない。 石川氏:それか、上と直でしかつながっていないというか。 対応周波数帯が異なる3種類の各機器の対応周波数帯等の違いについて、消費者に対して説明を行わないまま、販売を行っていたこと の3点が問題視されたという。 楽天モバイル株式会社は、2020年6月12日に総務省より受領した、当社が販売するオリジナルスマートフォン「Rakuten Mini」の一部端末に係る法に基づく報告徴収に関しまして、本日7月10日付で、総務省より書面による指導を受けております。 石川氏:そう、Rakuten Miniの技適問題も然り。 さらに、12月末日までの間、毎月の取り組み状況を報告することを求めているという。

>

総務省が楽天モバイルに6度目の行政指導、2万円超のスマホ値引きで

同様の事故を発生させないよう厳重注意を行った他、5つの事項を確実に実施することを求めた。 そもそも携帯電話端末の値下げ制限は、長期契約とのセット販売でユーザーの囲い込むをさせないための措置だったはずだ。 無料キャンペーンが切れた来年4月以降に解約減は避けられず、単なる「バラマキ」だけでは苦戦を強いられるのは間違いない。 「意図しないミスで対応周波数が変わった」とか「意図しないミスで異なる技適が表示された」という訳ではなく、発端は意図的に対応周波数を変えたことにある。 何をメンテナンスするんだって話。 基地局整備がスケジュールよりも遅れていたこと、通信障害、Rakuten Miniの仕様変更についてだ。

>

楽天モバイルに5度目の行政指導、スマホ電波法に違反|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

あの件でも電話がかかってきたんですけど、かなり具体的な情報が勝手にアップされていて、どうなんだろうと思った。 あれも誤掲載だっていう話だったし、今回のメンテナンス告知も誤掲載だし。 総務省は行政指導を行う経緯として楽天モバイルが「Band 1」の対応有無など、対応周波数帯が異なる3種類の「Rakuten Mini」が展開していたものの商品の違いを消費者に説明を行わないまま販売していたのが今回の原因となったとしています。 その楽天ミニが「違法」な販売だったということは、お粗末きわまりない。 総務省としては、キャリアがあえて不良在庫を出すことで、そこに高額な割引を載せ、顧客を獲得していこうという、規律を脱法していくことに目を光らせていくようだ。 人材の適正配置、採用、育成強化およびチェック体制の強化• ユーザーに告知のない仕様変更を2度実施した「Rakuten Mini」。 面白いのが、MVNOの楽天モバイルは9割以上のユーザーがドコモ回線を借りているので、ドコモにはMNOの楽天モバイルにどれくらい移行したかわかってしまう。

>