国連 軍縮 担当。 国連事務次長の「約束」と「原点」 中満泉さん、コロナ禍でも被爆地へ

天皇皇后両陛下 国連軍縮担当上級代表中満泉事務次長と面会 香港周庭氏の逮捕と釈放

また、新しい情報・電気通信技術、その他の新しい技術が国際の安全に与える影響についても検討が行われている。 3 また、双方は、軍備管理・軍縮分野や国際機関における邦人職員の活躍を含む様々な事項について意見交換を行い、日本と国連が今後も緊密に協力していくことで一致しました。 1997年にのと結婚し、2女の母。 「 各国政府 ( かっこくせいふ )だけではなく、 市民社会 ( しみんしゃかい )や 民間 ( みんかん )の 人 ( ひと )たちの 意見 ( いけん )も 積極的 ( せっきょくてき )に 聞 ( き )き、 連携 ( れんけい )していくことも 重要 ( じゅうよう )です。 の夫が在に就任したため、18年ぶりに生活拠点を日本に移し、2005年から2007年まで及び新設の教授を務め、2008年8月まで 、同期間に(JICA)平和構築 客員専門員(シニア・アドヴァイザー)、海外交流審議会委員 などを兼任。 「」『外交フォーラム』第20巻第5号、都市出版、2007年5月、 32-35頁、。 それよりも考えないといけないのは、核不拡散条約(NPT)枠外で核兵器を持ったインドとパキスタンだ。

>

国連女性トップ中満泉が語る「日本人が世界で取り残されないために必要なスキル」

そのブランド 力 ( りょく )で 各国 ( かっこく )の 異 ( こと )なる 立場 ( たちば )の 橋渡 ( はしわた )し 役 ( やく )を 効果的 ( こうかてき )に 果 ( は )たしてほしい」と 呼 ( よ )びかけます。 だからこそ、全体像を見て優先事項を決め、最低最悪のシナリオを想定し、同時並行的にさまざまな準備を進めることが重要になります。 今朝の朝日新聞に掲載されました。 軍縮の経験が無いため、最初に事務総長からこのお話を頂いた時は意外でしたが、専門家である必要はないとのことでした。 在学中より国連職員を志す。

>

国連事務次長の「約束」と「原点」 中満泉さん、コロナ禍でも被爆地へ

記事出典 毎日新聞. 冷戦時代は米国とソ連の2極対立で、(1962年の)キューバ危機以降は危機管理のホットラインがあり、両国が超大国としての責任を感じていた面もあった。 中国は国防白書などで「核の先制不使用」を掲げ、「核の能力は国家の安全に必要な最低水準に保つ」としながらも、「信頼できる核抑止力と核反撃力を増強し、中距離、長距離の攻撃力を強化する」としていて、核弾頭を搭載する弾道ミサイルなどの開発に力を入れていく方針を示しています。 「携帯電話もない時代。 どう 受 ( う )け 止 ( と )めているのでしょうか。 核兵器を持っている国がすぐに条約を批准するとは誰も期待していないと思いますが、可能性を拓くようなものを入れたというのが核兵器禁止条約の推進派の方からの歩み寄りと言えます。

>

国連事務次長の「約束」と「原点」 中満泉さん、コロナ禍でも被爆地へ

今回は命に関わる、社会の維持に関わることなので、とりあえずいまは政府の言うように外出をしないで、みんなで頑張ろう、という気持ちに国民がなれるのは、彼らが政府、そして行政機構に信頼度を持っているというのが1つの理由なのかと思います」. 官僚であっても、政党員であることも認められています。 中満さんによると、広島や長崎では被爆者の高齢化で記憶の継承が課題になっている ことなどを説明。 核 ( かく )だけでなく 幅広 ( はばひろ )い 兵器 ( へいき )の 削減 ( さくげん )で 役割 ( やくわり )を 果 ( は )たすことを 期待 ( きたい )しています。 後からなんだかんだ言われるのが嫌なことが理由である。 「」『IPSHU研究報告シリーズ』第38号、平和科学研究センター、2007年4月、 105-128頁、。

>

【話の肖像画】国連軍縮担当上級代表(事務次長)・中満泉(56)(11)女性の躍進、日本に必要(1/2ページ)

1987年卒業。 日本のように辞令が来て任命されるという形ではありません。 それは現実、リアリティーになるということです。 政治的な仲介を具体化することは非常に難しいことですが、加盟国にとって役立つようなことを実行する用意はあり、頭の体操としてその準備はしておかなくてはなりません。 東アジアの地域に目を移すと、緊迫は色々な意味で増し、地域的な安全保障の枠組みはなく、この地域は今、安全保障面で節目にありますが、事務局はこの地域にどう貢献できますか? 中満: 北朝鮮問題に関してはある意味、国連の政策的な部分がはっきりしています。 ボスニア紛争のとき、国連保護軍の司令官や現地の政治家と真摯に交渉を重ねる場面はとても印象的でした。 実際、今この時も内戦や紛争で 戦地と化している国や地域は たくさんある訳で・・・。

>

国連の軍縮部門トップに日本人女性 UNDP中満泉氏:朝日新聞デジタル

日本語 HTML プレスリリース , 外務省, 2008年12月 , 2017年3月30日閲覧。 今年 ( ことし )7 月 ( がつ )、 核兵器禁止条約 ( かくへいききんしじょうやく )が122か 国 ( こく )の 賛成 ( さんせい )で 採択 ( さいたく )されました。 中満氏インタビュー 中満氏はインタビューで、下のように発言しています。 米国の「核の傘」に依存する立場から批准に後ろ向きな日本政府には、「核禁条約とどう関わるか、きちんと向き合い議論してほしい」と注文をつけた。 なので具体的に目に見える形でどういうステップを経ていくのか、それをどうしたらよいのかということを議論して、実際にそのステップをアクションに移すことは非常に重要なことです。 就任早々、核兵器の開発や保有を禁止する「核兵器禁止条約」の成立に尽力し、7月にはこの歴史的な国際条約が国連で採択され、世界的にも大きな注目を浴びた。 当時、内部の反対を押し切り、イラク国内にとどまるクルド人保護を決断したのがUNHCRのトップだった緒方貞子さんだ。

>

軍縮|国連広報センター

ニュース検定の問題 国連の軍縮担当部門トップはどこの国の人? 青 アメリカ 赤 日本 緑 中国 ニュース検定の答え 答えは 赤 日本 ヒント:ネットで見つけたヒントは以下の通りです 朝日新聞より 国連のグテーレス事務総長は29日、国連開発計画(UNDP)の中満泉(なかみついずみ)・危機対応局長(53)を国連の軍縮部門トップ、軍縮担当上級代表(事務次長)に指名すると発表した。 国連の軍縮部門トップに日本人女性 UNDP中満泉氏:朝日新聞デジタル — K. 緊張 ( きんちょう )が 続 ( つづ )く 現場 ( げんば )でこそ「 人間 ( にんげん )の 尊厳 ( そんげん )や 勇気 ( ゆうき )を 間近 ( まぢか )に 見 ( み )られた」と 振 ( ふ )り 返 ( かえ )ります。 流石に盆の買い物はスーパーも三密どころじゃなく、レジもソーシャルディスタンスで離れて並ぶため長蛇の列になっていた。 中満さんは広島、長崎の平和式典に出席するため来日。 ただ核軍縮について中国は、「最終的には、全面的な核兵器の禁止と廃絶を主張するが、核軍縮は各国の安全を損なってはならない」として、一貫して自国の核開発を正当化しています。

>