豆腐 の カド に 頭 ぶつけ て 死ん で しまえ。 「豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件」倉知淳著|日刊ゲンダイDIGITAL

穴どろ

2001年、『壺中の天国』で第1回本格ミステリ大賞(小説部門)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). 被害者の好物はケーキ 反対に嫌いな食べ物はネギ ネギだけ突っ込まれている状態ならまだ、被害者に相当恨みのある人が殺害したと考えられなくもないのですが それだとケーキが置かれていることが説明できなくなってしまいますね。 「あんたなんか、豆腐の角に頭をぶっつけて死んでおしまい!!」 頭にきて家を飛び出し、何かいい手は無いかと思案をしているうちに、やって来たのはの新堀端あたりの商家の前。 ミーコの振る舞いからある事件が浮かび上がる展開も嬉しいのだが、さらにその先でミーコの素敵さが判明する流れも秀逸。 両方とも単なる無差別殺人らしいが、語り手である俺は奇妙な偶然を見つける。 アイラブkurachi。 え? 一両くれる? やい、泥棒、観念しろ! ある実験室で、 どう見ても豆腐の角に頭をぶつけて死んでいるようにしか見えない死体が発見されます。

>

倉知淳『豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件』で久しぶりに猫丸先輩に会えて幸せだった

「泥棒か? 泥棒だったらとっ捕まえて、お礼を手に…違うな。 本作だけでなく、 猫丸先輩シリーズは人間の「固定概念」を逆手に取るのが本当にうまい。 という事件です。 頭文字を見てみると、青原(A)で浅嶺(A)、番祥寺町(B)で馬場(B)、とABの順番に並んでいたのだ。 二階の窓ががらりと開き、誰かが降りてきた…。 最後の一篇「猫丸先輩の出張」は、倉知淳の初の単独著書『日曜の夜は出たくない』から何度も登場している探偵役、猫丸先輩が登場する。

>

『豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件』|百石|note

第四話「夜を見る猫」は、会社員の由利枝が、祖母の家で、猫のミーコとともに休暇を過ごす物語である。 題名からは、ずいぶんと緩いミステリをイメージされるかもしれないが、中身はガチガチにハードだ。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 戦争末期、帝國陸軍の研究所で、若い兵士が倒れていた。 『』:泥棒が、盗みに入った先でえらい目に遭う。 106より引用 『豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件』 流石、表紙作。 たまにうちの猫も何もないところを見つめる時がありますが、こんなこと思いもつかないよなあ。 読み終えて今、強くそう思う。

>

『豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件』|百石|note

「祝いの後に縄つきを出したくありません。泥棒とはいえ、まだ何も盗ってないようだから穴蔵から引きずり出した上、厳重に説諭して見逃してあげましょう」 その『引きずり出す』役目を仰せつかったのは、鳶の頭で《向こう見ずの勝つぁん》と言う異名を持つ男。 捜査を担当した中本警部と天地刑事のコンビは推理を重ね、やがてなんとも異常な犯行動機に思い至る。 (表題作) 奇妙奇天烈な事件やユーモラスなミステリーなど6編。 パティシエ専門学校の学生が殺された事件で、被害者の枕元とでも呼ぶべき場所に三種類のケーキが置かれ、口に長ネギが突き立てられていた。 六つの個性的なミステリ。 無理矢理突っ込んだらしく、死者の唇は歪んでいる。 とは言ったものの、恐らくこの話のホワイを解ける読者はいないと思うので存分に倉知さんの世界観に浸りながら読むことをおすすめします。

>

楽天ブックス: 豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件

それが本書。 『豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件』 タイトル通りですね。 nanacoポイントも貯まって使える便利でお得なショッピングサイトです。 ちょっと、ミステリーとは関係ない話になって申し訳ないのですが、わたし、先生のイラストがものすごく好きで、も~~、ミステリー本の紹介と同じくらい楽しみなんです。 流石は倉知淳さん。 が最期に演じた噺。

>

倉知淳『豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件』で久しぶりに猫丸先輩に会えて幸せだった

その視点人物を、やがて想定外の出来事が襲うのだが、それが読者にとっても予想外の驚愕となる。 果たして読める日が来るのか。 『変奏曲・ABCの殺人』 青原(あおはら)の町で浅嶺(あさみね)が殺され、番祥寺(ばんしょうじ)の街で馬場(ばば)という人が殺害された。 一発目から実に倉知さんらしい短編でした。 」 これを聞いた泥棒、「えっ、三両ならこっちから上がっていこう」。

>