オキサリ プラチン 末梢 神経 障害。 抗がん薬による末梢神経障害 効果的な対策とセルフケアの方法は?

オキサリプラチン:注射:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

CARDIAC PRACTICE• 治癒切除不能な• では、がんに勝つにはどうすればいいのか? 最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。 本剤は塩基性溶液により分解するため、塩基性溶液との混和あるいは同じ点滴ラインを用いた同時投与は行わない。 XELOX法を行う場合の減量基準:前回の投与後に発現したGrade3以上の有害事象 Grade3:CTCAE version3. 本剤の調製に際しては、配合変化に注意する。 「何を信じていいのか分からない」と不安なら。 オキサリプラチンは、およびとともに、大腸がん治療の「標準3剤」とされています。

>

オキサリプラチン点滴静注液50mg/10mL「ファイザー」

(エルプラット点滴静注液50mg・100mg・200mgの添付文書による) 疾患名 奏効率(有効例/適格例) 無増悪生存期間中央値 生存期間中央値 化学療法未治療の進行・再発の結腸・直腸癌(米国) 注1) 45. 取扱い上の注意• 類薬に、がある。 適応患者の選択にあたっては、各併用薬剤の添付文書を参照して十分注意する。 次のことについて十分に説明を受け、症状が悪化する場合は医師へご相談ください。 精神神経系: 頻度不明 味覚異常、頭痛、眩暈、不眠、神経痛、頭重感、浮動性眩暈、コリン作動性症候群、振戦、回転性眩暈、傾眠、うつ病、こわばり、硬直、失神、不安、構語障害、筋骨格硬直、記憶障害、筋骨格系胸痛、深部腱反射欠損、不全失語症、失調、神経過敏、レルミット徴候、脳神経麻痺、線維束攣縮、不随意性筋収縮、脳神経障害。 効能・効果 [ ] 日本でにより認可された適応症は以下の通り。

>

オキサリプラチン(エルプラット)の特徴と副作用

up-to-date 子どもの感染症• その他の注意• 投与時:• FOLFIRINOX法を行う場合の減量基準:前回の投与後にいずれかの程度に該当する副作用が発現した場合は、該当するごとに、次の減量方法に従って、投与レベルを1レベル減量する 「減量時の投与量」を参考にする 、また、いずれかの程度に該当する好中球減少又は血小板減少が発現した場合は、以降のフルオロウラシル急速静脈内投与を中止する。 一時的に休息期間をとる場合、薬の治療効果もわずかながら低下するといえますが、大きな低下にはならないことが臨床結果では現れています。 私は多くの身内をがんで亡くした経験を経て、2008年から「素人の支援ではなく、仕事として」がん患者さんのサポートをしてきました。 治癒切除不能な膵癌の場合、患者の病期、全身状態、UGT1A1 イリノテカン塩酸塩水和物の活性代謝物 SN-38 の主な代謝酵素の一分子種である 遺伝子多型等について、添付文書の「臨床成績」の項の内容を熟知し、本剤の有効性及び安全性を十分に理解した上で、適応患者の選択を行う。 急性の末梢神経障害はオキサリプラチン特有の副作用です。

>

オキサリプラチン(エルプラット)の抗がん剤治療と副作用

[動物実験(ラット)において着床期胚に対する致死作用及び胎児の発育遅滞が報告されている。 アンチ・エイジング医学• これらの症状は、特に冷たい空気にさらされたり、冷たいものにふれることで出やすくなったり悪化したりするので、治療期間中は、冷たい食べ物や飲み物を避け、冷気や冷たいものにふれないこと。 喉にも末梢神経が分布しているので、冷たいものを飲んだとき、喉が締まるような感じに襲われ、とても苦しい思いをすることもあります。 感覚異常又は知覚不全のある患者[末梢神経症状が増悪する恐れがある]。 感染症、出血傾向の発現又は増悪に十分注意すること。

>

オキサリプラチン点滴静注液50mg/10mL「ファイザー」

重篤な腎機能障害のある患者[腎機能が低下しているので、副作用が強く現れる恐れがある]。 FOLFIRINOX法を行う場合で粘膜炎 Grade3以上 が発現した場合:フルオロウラシル持続静注を減量する。 34 オキサリプラチンによる「末梢神経障害」とは,具体的にどのような症状でしょうか? / 大腸癌FRONTIER Vol. Fluid Management Renaissance• 患者に対しては、これらの末梢神経症状、咽頭喉頭感覚異常は、特に低温又は冷たいものへの曝露により誘発又は悪化すること、多くは本剤の投与毎にあらわれるが休薬により回復する場合が多いことを十分に説明するとともに、冷たい飲み物や氷の使用を避け、低温時には皮膚を露出しないよう指導すること。 溶血性尿毒症症候群:血小板減少、溶血性貧血、腎不全を主徴とする溶血性尿毒症症候群が現れることがあるので、定期的に血液検査及び腎機能検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 Frontiers in Gastroenterology• そのため、ムリして続けず、休み休み続けることが医師から提案されます。

>

Q&Aで綴るレジデント・ノート―専門医がわかりやすく解説― No.34 オキサリプラチンによる「末梢神経障害」とは,具体的にどのような症状でしょうか?

眼: 頻度不明 流涙、視覚障害、結膜炎、眼球周囲痛、眼そう痒感、眼乾燥、眼瞼下垂、涙器障害、眼異常感、涙道閉塞、白内障。 バイオメディカル• 末梢神経症状:手感覚異常又は手知覚不全、足感覚異常又は足知覚不全や口唇周囲部感覚異常又は口唇周囲部知覚不全 末梢神経症状 、咽頭喉頭絞扼感 咽頭喉頭感覚異常 が現れるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には減量、休薬等の適切な処置を行う。 日本サルコペニア・フレイル学会誌• FOLFIRINOX法を行う場合で発熱性好中球減少症が発現した場合:イリノテカン塩酸塩水和物を優先的に減量する 但し、イリノテカン塩酸塩水和物の投与レベルが本剤より低い場合は、イリノテカン塩酸塩水和物と同じレベルになるまで本剤を減量する。 [細菌を用いた復帰突然変異試験、ほ乳類培養細胞を用いた染色体異常試験及びマウス骨髄細胞を用いた小核試験において、遺伝毒性が報告されている。 。 白金製剤はDNA合成を阻害する作用を有します。 本剤は、錯化合物であるので、他の抗悪性腫瘍剤とは混合調製しないこと。

>

オキサリプラチン(エルプラット)の抗がん剤治療と副作用

なお、本剤の使用にあたっては、添付文書を熟読のこと。 多くの患者さんで、末梢神経症状(手や足、口のまわりなどがしびれたり、痛みを感じたりする)があらわれます。 呼吸器: 頻度不明 呼吸困難、鼻出血、咳嗽、鼻咽頭炎、上気道感染、発声障害、咽頭炎、嗄声、鼻粘膜障害、低酸素症、息切れ、喀血、肺障害。 「これらのうち、使用頻度が高くて、長引くしびれなどで患者さんの多くが苦労しているのがパクリタキセルやオキサリプラチンです。 臨床成績 米国及び欧州で実施された、5つの第III相臨床試験における臨床成績は次表のとおりであった。 排尿障害プラクティス• オキサリプラチンは,シスプラチンに対して耐性を持つがんにも効果があり,かつ腎毒性の軽減を目指して,日本人研究者の喜谷義徳教授が1976年に合成に成功しましたが,臨床試験に入る前に研究を断念しました。 ・滑りにくい床にはマットを敷く。

>