処理 水 海洋 放出。 トリチウムとは? なぜ「海か大気中に放出」なのか?

福島第一の処理水、海へ? 「菅首相の謝罪」なぜ必要か:朝日新聞デジタル

>福島の他の原子炉もおおむねこういう状態で、しいていえばLOCAは起こったがmeltdownには至らなかったというところでしょう。 「海洋放出」とは このうち海洋放出はポンプで吸い上げた海水を混ぜて基準以下に薄め、海洋に放出するものです。 この点がセシウム137やストロンチウム90、ヨウ素131とは大きく異なります。 最後に「てっちゃん」と「もっちゃん」の言葉を紹介する。 だが、経済産業省の有識者委員会報告書で「現実的な選択肢」とされたALPS処理水の海洋放出は、水産業関係者の反対が強く、有効な風評被害の防止策が見当たらないのが実情だ。 2016年11月から処分方法の検討を進めてきた経済産業省の小委員会では、海洋放出、水蒸気放出、地層注入など複数の案を比較した上で、今年2月に「技術的に実績がある水蒸気放出及び海洋放出が現実的な選択肢である」との提言をまとめた。 例えば、ストロンチウムはALPSを通すことで、濃度は10億分の1になる。

>

原発処理水、海洋放出で高まる漁業者の懸念

日本の一部メディアが、放射能にゼロリスクを求める風潮をあおるのも大問題だ。 中でも韓国は処理水の海洋放出にあからさまにである。 地元で「どんこ」と呼ばれているエゾアイナメを手際よくさばき、まかない飯であるツミレ汁を作って、参加者に振る舞ってくれた。 この点がセシウム137やストロンチウム90、ヨウ素131とは大きく異なります。 私は、このトリチウム水については、トリチウム以外の核種が基準以下に抑えられていることを条件に、PWR(加圧水型)原子力発電所の90年代の実績相当*での海洋放出はやむを得ないだろうと考えていました(*筆者注:PWRは、一次冷却水にホウ素とリチウムを添加するためにBWR(沸騰水型:福島第一はBWR)に比して、100倍近いトリチウムを発生させる。 トリチウムは、溶融炉心デブリ(瓦礫)冷却水の水とそれに含まれるホウ素が中性子照射されることによって発生するため、溶融炉心を水で冷却するかぎり発生し続けます。 施設は、高さが43メートルあまりある蒸留塔や化学反応でトリチウムを取り除く装置など大がかりなもので、試験の結果取れたデータの一部は国の基準よりも濃度が薄くなったということです。

>

東京電力「トリチウム水海洋放出問題」は何がまずいのか? その論点を整理する

試験操業では、対象となる魚種や操業海域、漁法、操業期間、操業時間などが漁業関係者の合意によって決められている。 世論の圧力を受け、日本が今回の決定を覆すかどうかは今後、はっきりするだろう。 また、建設中には海抜25m以下(福島第一は台地を海抜10mまで掘り下げている)になると地下水の湧水が始まり、ホイルローダーやトラックの走行に支障を来し、井戸からの汲み上げによって地下水を枯らすことで対策していました。 名指しは避けつつも、 「放射性物質で汚染された水の処理をめぐって科学的根拠のない批判を受けることがある」と指摘した日本の竹本直一IT・科学技術担当相に対し、韓国科学技術情報通信省の文美玉(ムン・ミオク)第1次官は次のように反論した 「日本政府高官が最近、『原発汚染水の海洋放出は避けられない』と言った。 福島第一原発の放射性物質を含む水の処分について、大阪府の吉村知事は改めて、大阪湾への放出を受け入れる考えを示しました。

>

福島第一の処理水、海へ? 「菅首相の謝罪」なぜ必要か:朝日新聞デジタル

世界は動かせないかもしれないけれど、自分の子どもの心は動かしたいよ」 漁師の菊地基文さん(写真提供 : そうま食べる通信). ただし、 トリチウムは2013年8月現在でも効果的に除去できない状況にある。 しかしマスコミは悪いニュースが好きなので問題を大げさに騒ぎ、役所や東電もそれに妥協して「メルトダウン」という言葉を使うようになったのです。 そして、「海に放出する」「大気中に放出する」とはどういうことなのか。 実験で、細胞への影響を見ているが基準以下の低濃度では細胞への影響が確認できない。 国民にトリチウムの性質や処理の現状などを理解してもらい、『福島の風評被害を撲滅しよう』という方向に進んでほしい」と語った。 消費者も、そういう事実を知らずに印象に流されるのではなく、公表されている情報を集め、自分の目で見て、頭で考えて判断してもらいたい」 福島第1原子力発電所で発電した電気は、首都圏に送られ、巨大都市の電力需要を満たしてきた。

>

「海洋放出は絶対反対」全漁連が政府に要請 福島第一原発の汚染処理水巡り:東京新聞 TOKYO Web

>原発第一の内部はまだ危険な状態ですが、外部に影響を与える可能性はなく、周辺でも普通に生活できる状態に戻っています。 ユーザーの一人は、 「健康や遺伝を考えて、その後、あなたはそこの魚を食べられるだろうか?」と書いている。 汚染水を処理したあとの水をめぐっては、原子力規制委員会が、基準以下に薄めて海へ放出することが科学的に合理的な処分方法だとする見解を示している一方で、地元の住民などからは再び風評被害が起きることへの心配の声が根強く、現時点で解決の糸口が見えていません。 限られたスペースを有効に活用するため、間隔わずか1. 「40分の1」は、世界保健機関(WHO)による飲料水の基準となる濃度をさらに下回る濃度を意味する。 福島第一原発では、溶け落ちた核燃料を冷やした水に原子炉建屋に流入した地下水などが混ざり、汚染水が発生。 恐ろしい研究データもある。 しばらくは冷却材の沸騰が続き、冷却材・減速材が蒸発する。

>

福島第一の処理水、海へ? 「菅首相の謝罪」なぜ必要か:朝日新聞デジタル

原子力規制委員会は2013年9月に、 貯蔵していた水を放射性物質の除去装置を用いて放射性物質の大部分を除去した後に海に流す案について言及した。 宇宙から飛んでくる宇宙線などによって自然界でも生成されるため、大気中の水蒸気や雨水、海水、それに水道水にも含まれ、私たちの体内にも微量のトリチウムが取り込まれているということです。 まとめ ということで、今回は少しヘビーな原発処理水の大阪湾海洋放出に関して、 大阪湾に原発処理水の海洋放出なぜ?問題や悪影響はないのかネットの反応もと題してお伝えしました。 犬HKはECCSが取り外されていたことも、津波 攻撃があることも予め把握していたと思われ。 翌2012年6月から漁法、魚種、海域を限定しながら「試験操業」として漁を再開、県の放射性物質検査に加えて、漁協独自の検査も実施し、安全性確保に最大限の努力をしても、消費者の理解がほとんど得られない時期だった。 「トリチウムを海洋放出するのは福島が初めてではない。 放射線の基準値を超える恐れがあるため試験操業の対象魚種には含まれておらず、相馬では水揚げができなかったのだ。

>

東京電力「トリチウム水海洋放出問題」は何がまずいのか? その論点を整理する

このため経済産業省は平成26年から平成28年にかけて国内外の事業者を募って実証実験を行いました。 それぞれの塔内には活性炭やイオン交換材料が充てんされており、放射性物質を吸着して除去できるという。 敷地の限界、処理水を海洋放出へ 福島第1原子力発電所の構内にある建物の非常階段を昇ると、眼下には異様な光景が広がっていた。 いろいろな心配や懸念、異論にもとことん向き合い、受け入れられる部分は、修正していくことなどを繰り返していくことが納得感を高めていくことにつながる」と話し、国と東京電力には、より柔軟で、複合的な視点で今後の議論を展開することが求められると指摘しています。 そもそも「トリチウム」とはどんな物質なのか。 このように、自国民との間では、こうした話し合いの場を持つことで状況を改善できる可能性はあるが、日本政府の決定に激しい反発を見せている隣国と、このような話し合いで問題を調整することは不可能だろう。

>

福島第一原発「処理水」海洋放出へ!橋下徹「東京湾や大阪湾でも流せばいい」除去できないトリチウム水「外国でも流している」: J

>その際、どの号機もECCS(HPCI非常用冷却系)が起動していなかった。 政府は、海洋放出する際には、トリチウムが国の基準の40分の1の濃度になるまで海水で希釈した上で、30年間かけて少しずつ放出する方針だ。 10人中3人は、とにかく福島のものは食べたくない、話も聞く気がないという人たちだけれど、自分は残る7人の人に対して精一杯アプローチして、伝える努力をしてきた。 (参照:、) これら報道への反響はたいへんに大きく、30日からの公聴会は全会場、全日程で大荒れとなり、市民からは反対の声が多勢を占める結果となりました。 これまでの政府の意思決定について、五十嵐さんは「迅速な政治決断も逃し、ゼロベースの合意形成もなされなかったと思う。 タンクで埋め尽くされる東京電力福島第1原子力発電所構内 2011年の東日本大震災で爆発事故を起こした原発の原子炉内で溶けて固まった核燃料(燃料デブリ)はいまだに熱を発しており、水をかけて冷やし続けなければならない。

>