大阪 府 知事 コロナ。 急伸する吉村大阪府知事と維新の人気。ほんまにそれでいいのか? 吉村・松井の大阪府市政を「再」検証する

【新型コロナウイルス】大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!|日刊ゲンダイDIGITAL

宮根は、番組にリモート出演した吉村知事に、休業補償の財源として「会社とか個人で幸いにも収入が減ってない人はいるじゃないですか、現実問題として。 平松(元市長)さんにはあったけどね。 ほんまにそれでええの? もう少し冷静に、長い目で検証した方がいいんじゃないの? というのが本日のテーマです。 そこに使っている場合じゃない。 吉富:HBOでも書いたけど、私は吉村知事の対応を決して非難はしてないし、むしろ基本的にはよくやっていると思う。 システムの改修費用に関し、30代女性・沙和さん(ツイッター名)が情報公開請求を通じて契約記録を入手。 新型コロナウイルス助け合い基金とは 新型コロナウイルス感染症は全世界において感染が拡大しています。

>

大阪府/感染拡大防止に向けた取組み(府民の皆様へのお願い、イベントの開催、施設について等)

大阪が重症者増えている原因は」などと尋ねた。 実験の詳しい内容は論文で発表されているわけでもないため、詳細について分からないことも多い。 影響力のあるポジションに立ちたいだろうから、閣僚登用なら受けるかもしれない。 確認ができましたら、お申込み受付完了とさせていただきます。 2社の相見積もりを取って安価だったApp社を選定。

>

大阪府 新型コロナウイルス感染症対策サイト

その政治手腕はメディアが報じるように地方自治体として抜きん出たものなのか、それとも「都構想の住民投票」を睨んだ人気取りの「やっている感」なのか? 関西メディアの伝え方にバイアスはないのか? そしてますますメディア露出を増やす維新の「社長」こと橋下徹氏の今後の動きを含め、地元大阪で維新政治を冷静にみつめてきた二人のライター(吉富有治/松本創)が、維新の今を「再」検証する。 安倍首相、小池都知事は全国区の知名度を持つ上に、国民受けするパフォーマンスには慣れている。 一見、ごもっともな意見に思えるが、野党関係者は「桜や学術と言いますけど、コロナ禍の中で『なぜ今やるんだ』と散々言われ続けた大阪都構想の住民投票を強行したのを検証してませんからね。 8月4日夜、都内の薬局では、うがい薬が売り切れていた。 つまり、「感染予防をできるマスクは高い」という社会の認識が実態とは異なる価格トレンド作ったということであり、理屈とは異なる結果が出てきてしまうのだ。

>

GoTo、札幌・大阪停止へ コロナ感染急拡大で―府は時短要請も:時事ドットコム

支援金の贈呈結果について 当基金にご寄附いただきました皆様の感謝と応援の気持ちを、新型コロナウイルス感染症に関する医療や療養にご尽力いただいた医療従事者やホテル従業員等の皆様へお届けいたしました。 お申込みにあたっては、「さとふる」ホームページ上の案内をご確認ください。 地域によって治療方針が変わることなどありえない しかしこの発言は医療関係者にとっては看過できないもの。 ただメディアの持ち上げ方がおかしい。 なお、「さとふる」を通じた寄附に関しては、寄附決済手数料等の費用を株式会社さとふるが負担するため、寄附金全額を基金に充当することができます。 府は大阪市中央区と北区の飲食店に対し、27日から12月11日まで、午後9時までの営業時間短縮を要請、感染防止ガイドラインを順守していない店については休業要請すると決定した。

>

大阪府 新型コロナウイルス感染症対策サイト

政府の観光支援事業「Go To トラベル」に関し、北海道は23日、新型コロナウイルス感染が急拡大している札幌市について一時停止する方向で検討に入った。 見通しが甘く、3連休でお金を落としてほしかったとしか思えない」と指摘する。 そこで、この手の問題が起きたときには政府が政策的に介入する。 感染者の唾液中に含まれるウイルスが減少したことで、一見、症状が回復しているかのようにも見えるが、実際に全身の症状が回復したのか、単純にうがい薬で口の中からウイルスがいなくなっただけなのかはこの実験だけでは判断ができない。 【重要なお知らせ】新型コロナウイルス助け合い基金への寄附における個人住民税及び所得税の控除について 新型コロナウイルス助け合い基金に対し、個人の方が寄附をされる場合は、個人住民税及び所得税の寄附控除を受けることができます。

>

吉村知事 大阪でコロナ重症者が増加する理由…「若者と高齢者の生活圏が近い」/芸能/デイリースポーツ online

コロナ後も大阪都構想へ突き進む?— 松本:最後に、コロナがいつ収束するか見通せませんが、秋には都構想住民投票が予定されています。 一方で、保健医療や福祉や文化など、生活者に近い部分は単なるコストと見て、自己責任・自助努力でやれと切り捨てていく。 大阪の経済成長のために、医療・福祉・文化を削る、公務員や議員は減らす、「身を切る改革」だ、それでいいんだということで、維新は選挙で勝ってきたわけですよね。 このままだと大阪にとっては、1980~90年代初めの土地バブルに続いて2回目のバブル崩壊を経験することになるよね。 長丁場におよぶことが避けられないコロナ対策を進める上で、今、重要なのは改めて基本の対策に立ち戻ることではないだろうか。 吉富:維新にはそういう発想はないんじゃない。

>