It 資産 管理。 セキュリティ管理|IT資産管理ツールを機能で比較|IT資産管理の窓口

IT資産管理関連サービス / マネージドITサービス

ICT化による生産性の向上は計り知れないものがあります。 未登録PC管理やログ管理、インシデント管理機能はオプションで付けられるので、環境に応じてカスタマイズできます。 ユーザー部門とIT部門をつなぐ架け橋となるサービスデスク部門に、エンドポイントやモバイルデバイスの管理機能も付属させることで、より迅速な要求受付、チケットの割当/対処が可能となります。 ツールを活用することで、この目的を達成するための管理業務を効率化することが可能となります。 ただし、Mac端末のリモート操作や、収集された資産情報、ログ、デバイス情報の管理は、Windows端末にインストールされた管理機でのみなど制限事項もあるので、利用する際には確認が必要。 IT資産管理を行えばハードウェアとソフトウェアライセンスとの紐付けが容易になるため、ライセンス違反の防止にも効果的です。 IT資産管理を行う方法 ここでは、具体的にどのようにしてIT資産管理を行えばよいのかを紹介します。

>

IT資産管理ツールとは?2つの目的5つのメリットで必要性を確認|アスピック

IT資産管理の対象となるライセンスは、以下の通りです。 インベントリツール 1に対し、インベントリツールと呼ばれるものは、もともとは、運用管理ツールよりも安価で機能も少ないものとして、提供されたものです。 コスト削減や業務効率化を目指している企業にとって大きなメリットとなるのは言うまでもありません。 IT資産管理における企業の課題 ご提供サービスメニュー システム管理者の負荷軽減を実現するサービスをご提供 投資を抑制する「コスト削減」、脅威への課題を解決する「セキュリティーリスクの低減」、導入効果を高める「運用サポート」の3つの分類で各サービスをご紹介します。 L2Blockerと連携してセキュリティを強化することも可能です。 2010. 手頃な月額利用料でIT資産管理を手軽にスタート• 2010. ソフトウェアライセンスの棚卸も容易になるため、不要なライセンス契約の見直しによるコスト削減にも役立ちます。 本サービスはクラウドによるサービス提供ですので、必要最小限の初期費用で始めることが可能です。

>

IT資産管理サービス:IT環境運用支援サービス:富士ゼロックス

また近年はライセンス監査や労働管理のようなコンプライアンス違反を回避するためにIT資産管理システムを導入する企業が増えています。 インテリジェント検知ツールで資産を検知し、資産の在庫やソフトウェアライセンスなどの管理を行います。 IT資産管理 IT資産管理とは、パソコンやサーバーなどの「ハードウェア」、システムやライセンスなどの「ソフトウェア」、プリンタや複合機などの「周辺機器」、メモリーカードやUSBなどの「記憶媒体」、そしてケーブルや無線LANなどの「インフラ」といったIT関連の資産を管理することを指します。 具体的には顧客の個人情報、従業員の人事情報、会社の財務情報、契約書、社内システムのソースコード等があり、いずれも非常に重要で、一度漏洩すると組織の安定を揺るがすほどの大きなダメージをもたらしかねません。 今までは紙ベースでしか閲覧できなかったような情報さえも、デジタル化されることにより、悪意のある第三者によるサイバー攻撃、情報漏洩や内部不正等の脅威にさらされることになります。 MaLion 6(株式会社インターコム) (出所:MaLion 6公式Webサイト) IT資産管理や情報漏洩対策を総合的に支援するWindows・Mac端末に対応したソフトウェア。

>

情報資産とは何か?情報資産管理のリスクと把握しておくべきこと|PC管理、セキュリティ対策コラム

IT資産管理ツールを活用することで、管理が必要な情報を自動的に収集して、ライセンスの契約情報と利用実態とを照合することができるため、負担なくセキュリティやコンプライアンスを遵守した運用ができるようになります。 例えば、退職予定者による取引先リストの持ち出しは起こり得ます。 管理業務の効率化を図ることができる。 最後に「(c)ウイルス検知時の対応」ですが、AVソフトなどでウイルス検知をした場合、各種ログから原因を調査することになりますが、それよりも前にマルウェア感染を考慮し、対象端末を素早くネットワークから隔離する必要があります。 ICT環境を最適化する改善提案! オフィスのICT環境はめまぐるしく変わります。

>

IT資産管理をする目的とは

セキュリティリスクの低減• 同時に、立場や役職に応じてデータへの閲覧やアクセスなどの権限を適宜割り振ることも忘れてはいけません。 エクセルのように直感的に操作できる管理画面や、専門スタッフによる迅速なサポートも特徴です。 ご来場ありがとうございました。 IT資産管理ツール導入の際の留意点 IT資産管理ツールは、IT資産管理やSAMの構築、運用においてなくてはならないものだと筆者は考えています。 倉庫にパソコンが眠っているのに、新たにパソコンを購入する場合なども同様です。

>

IT資産管理ツールのおすすめ15選を比較!選び方や注意点も紹介|ITトレンド

登録した資産や担当者の情報をマッピングして視覚的な構成管理DBとして管理できます。 TCO削減やセキュリティ強化を図るには、企業内のPCやサーバー、ソフトウェアといったIT資産を正確に把握し、管理する「IT資産管理」が非常に重要です。 今回はIT資産管理ツール導入の留意点について詳しく紹介していきます。 また、ソフトウェアはバージョンごとに連携できるシステムが異なります。 関連記事. そして、セキュリティ対策の面からみても、IT資産管理は、業務上非常に重要な位置を示します。 組織規模が小さいうちは、エクセル表に保有資産やセキュリティアップデート状況などを記入して管理することが多いでしょうが、規模が大きくなるほどに人手の管理が追い付かなくなりますので、自動で管理してくれるIT資産管理ツールが必要になります。 IT資産管理やライセンス管理をご検討ならハンモックの『AssetView』にお任せください。

>

IT資産管理とは

前時代的な形でExcelによる目視によるチェックや手動更新ではなく、リモートで一元管理が可能なソフトウェアを選ぶべきです。 例えば、企業や組織の活動において日々蓄積されるもの、顧客やパートナー企業とのやり取りで発生するものなど、それらの履歴・ログも含めて何らかの形で資産価値を生むものが情報資産であり、一見無意味そうなデータも蓄積されることで資産価値を生む可能性があります。 また、ソフトウェアの更新状況なども把握できます。 どのライセンス契約で購入したソフトウェアをどのPCにインストールして利用しているかを把握する必要があるので、前述のハードウェアやソフトウェア管理と関連付けて管理する必要があります。 その他、SKYSEA Client ViewやLanScope Catでは、社内ネットワークにおいて、クライアントエージェントの未導入や不正アクセスなど、許可していない端末(不許可端末)を強制的にネットワークから遮断することができ、安全な社内ネットワークを保てます。 細かい機能が実装されていることが多く、自社用にカスタマイズすることも可能。

>

セキュリティ管理|IT資産管理ツールを機能で比較|IT資産管理の窓口

大型アップデートもネットワークへ負荷をかけずに効率良く配信! 「MCore」は住友電工情報システム株式会社が提供している統合管理ツールです。 IT資産とは、パーソナルコンピューターやプリンター、スキャナー、ネットワーク機器、オペレーティングシステム、ソフトウェアなどのITに関連する資産のことです。 選定時に必ず比較対象となるSKYSEA Client Viewや LanScope Cat、SS1などの売れ筋 IT資産管理ツールの紹介セミナーを開催します。 料金:要問合せ。 調達時に受けた機能と実際の使い勝手のギャップが大きいため• 日々流れゆく作業や業務においてデータの大切さや重要性を見失わないようにすること、情報資産を守ることが企業や組織だけでなく、属する従業員として自分自身を守ることだと理解してもらうことで、社内や組織内全体で情報資産を大切にすることが可能になるでしょう。 構成管理プロセスの導入により、インシデント発生時の影響範囲の特定や、変更計画の際に現状の構成情報を参照できるようになります。

>