Vi コマンド 一覧。 viエディタの使い方

viの使い方/基本操作

新規ファイルを開いて、すぐに入力を始める際に入力すべきコマンドは…[ i ] です。 編集モード 文字を入力するモードになります。 A 挿入モード(カーソルのある行の上に一行空けて挿入する。 p カーソル位置にペーストします。 N 前方へ検索を再実行します。 事実多くのプログラマーがviを利用してコードを書いています。

>

viキー操作メモ(Hishidama's vi Memo)

p ファイル操作 動作 コマンド 上書き保存をする。 :q 内容を保存しないで終了する。 変更した行もセーブせずに終了 :w セーブするが終了しない。 [n]J その他 動作 コマンド 直前に実行したコマンドを繰り返す。 カーソルのからESCを押すまでの文字を上書き更新 ワード c系 [cw]. これらモードを踏まえてviエディタの操作を見ていきましょう。 )に切り替える。 Linuxを使い始める際の障害となりがちな「vi」について、とりあえず使えるために必要な情報をまとめてみました。

>

CentOS viのコマンド一覧

viコマンド一覧 viでは、入力モードとコマンドモードを切り替えます。 ファイル名 編集中のデータを指定したファイルに保存する。 <文字の削除> x カーソル位置の1文字を削除します。 )に切り替える。 バックアップファイルを作成しない :syntax on,off. xやddで削除したものもペーストできます。

>

viコマンド集

注意すべきことは、 コマンドモードのままでは文字入力できず、 文字入力するためには入力モードへ切り替える必要がある、 ということである。 テキストファイルをすべて読み込むため動作が遅い。 現在のファイルの変更内容を保存しないで、リストの最初から編集をやり直す :e. コピー viエディタでコピーする際は 「y」キーを使用します。 以下、移動に関するコマンドを記述する。 ・ページ単位で上下で表示。

>

UNIXコマンド

L カーソルのある行の1行下の左端へ移動する。 キー 動作内容 :w 新規ファイル名(Enter) 新規ファイルとして保存 :wq! o 次の行を追加して編集モードに移行します。 新しいコマンドに出会ったら、そのコマンドの語源を調べてみてください。 dd カーソル位置の行を削除します。 nG n行目に移動します。

>

viコマンド(vimコマンド)リファレンス

蛇足ですが、これは決して Vi だけに限ったことではなく、Linux 全般に対して言える事です。 初めてviエディタを使う方にとっては抵抗を感じるかもしれませんが、慣れると作業効率が上がるはずです。 また、 行単位で削除する際は「dd」と入力します。 vi ファイル名 今回は「test. 今回は仮に「 text」というファイルを作成します。 置換 viエディタで文字列の置換を行う際は以下のコマンドを利用します。

>