ドリトル 先生 航海 記。 新訳 ドリトル先生航海記 ヒュー・ロフティング:文庫

「ドリトル先生」シリーズは小学生におすすめ!あらすじと魅力を紹介!

歴史の本に出てくるような戦争をしたり、華々しい出来事の中に飛び込んだりしません。 先生はカタツムリと友達になり、海の底をカタツムリの殻の中に入って航海するのです。 目的地・クモサル島までの長い航海の途中、度重なる密航者に足を引っ張られたり、領のカパ・ブランカ島に寄港してに飛び入り参加したり、人間の言葉を喋る不思議な魚・銀色フィジットの貴重な体験談を記録するなどの出来事が起こるが、目的地のクモサル島を目前にして船は嵐に見舞われ、大破してしまう。 とある船でペットとして飼われていました。 井伏の手になる本作の日本語訳は、にからも刊行された。 ちなみに、私はべつに、偏向的に描かれてるからって、この作品が駄目とか言ってるわけでは全然なくて、ただ、この本からは、ファンタジー要素以外のもの、つまり、その当時のイギリスを始めとする顕著な白人優位・黒人蔑視の世界の一端が垣間見えるなぁと思っただけです。

>

ドリトル先生シリーズ

どんな子供も対等に扱ってくれる。 こうして、苦難の末にたどり着いたクモサル島は内部が空洞になっていて、海上を浮遊漂流する不思議な島であった。 トミー少年はメガネをかけている。 あるとき、トミーは鷹に襲われて怪我をしたリスを保護したことをきっかけにドリトル先生と知り合いになり、先生に憧れ、助手としてドリトル先生の屋敷に住み込むようになります。 など、他にも多くの変更箇所がございます。 そこには著者ヒュー・ロフティングのドリトル先生に託した生き物への深い眼差しが読み取れると福岡さん。 原文「Tee,hee(英語圏における笑い声の擬声語)」の音訳。

>

【ドクター・ドリトル公開記念】いま改めて読みたい、『ドリトル先生』シリーズの魅力

その真っ白な体毛が目立つため、雪の季節しか出歩けないなど困窮していた。 トーマス・スタビンズ(Thomas "Tommy" Stubbins) 第2巻『航海記』から、住み込みの助手として登場した、ドリトル先生を慕う少年。 旅行の楽しさも束の間、大嵐に会い船は難破、一行はイルカの案内で原住民の住む島へ。 原案は第2巻の「ドリトル先生航海記」に「アフリカ行き」や「月へ行く」の要素を加えたもので、オシツオサレツや海カタツムリ、巨蛾が登場し、クモザル島の住民はインディアンではなく、黒人である。 また、日本語版の表題は原則として岩波書店版に準じる。 後にドリトル先生の立派な助手になる彼も、初登場の本書では、まだほんの子どもです。 さて、いよいよ先生は帆船を買って、大冒険旅行に出発。

>

ドリトル先生不思議な旅 : 作品情報

ところが、ルカは15年前にの金鉱を採掘していた際に仲間を殺害した容疑で逮捕され、が開廷する直前であった。 みなさんのメッセージお待ちしています! みなさんの注意点!• ポリネシアから鳥語、そして動物語を教えてもらったドリトル先生は、人間を診る医師を辞め、獣医に転身します。 福岡さんが読み始めたのは2巻目の「航海記」だった。 。 もう会えないかもしれない子供たちに、父親が物語を通して教えたかったことはどんなことだったのだろうと考えてしまいます。 『アフリカゆき』でイギリスに帰還する先生を見送り生まれ故郷のアフリカに留まったポリネシアはスタビンズが生まれた日の様子を記憶していることから、この前書きにおける「大半」は少なくとも前半に先生の妹・サラが嫁いで動物達が家事を分担することになったあたりまでのことを指していると見られる。 ドリトル先生航海記(講談社 世界名作全集) 訳:古友雅男、画: 1967年初版• この作品では先生は女嫌いのになっており、また体型も肥満体でない。

>

ドリトル先生航海記

だっておそらく同時期に読んだ『メアリー・ポピンズ』シリーズはそれぞれ何回も読み返していろんなエピソードも覚えているもの。 本人によると一角獣の親戚らしい。 トミーは、お腹が減って、喉が渇き、自分は飢え死にしてしまうのだろうかと考え暗い気持ちになります。 ドリトル先生航海記( 少年少女世界名作全集) 訳:吉田新一 1983年4月初版• 夫人のテオドシアは夫と違って学のある人物で、字が読めない夫に先生の著書を読み聞かせたりしている。 ドリトル先生に、動物の言葉を覚えて動物の医者になることを勧めます。

>

生物学者・福岡伸一が語るドリトル先生が人生にもたらしたもの

猫肉屋のマシューより偉い先生がいると教えられ医学博士の ドリトル先生の屋敷に足を運ぶ。 新訳もありますが、著者自身の挿絵は強く印象に残っているので、オシツオサレツやロングアローとの出会いのシーンなど子供ごごろにワクワクしながら見ていました。 その理由のひとつには、『ドリトル先生アフリカゆき』の作中などに見られる黒人への差別的な記述が原因で、公共図書館に『ドリトル先生』シリーズを置かない方針をとっている国があったり、出版をとりやめている国があったりするためです。 『郵便局』第2部1章。 チープサイド(Cheapside) の南側にある像の左耳に営巣しているっ子の。 「子供たちがなりたいのは、動物語が話せて、世界中を冒険する愉快なドリトル先生ではなくて、子供ながらその助手に任命されるスタビンズくんのほうです。 福岡さんいわく、「スタビンズくんは、ヒュー・ロフティングの大発明」。

>

2019年12月26日 ドリトル先生・航海記

ガブガブ(Gub-Gub, the pig) 食欲旺盛で、ドリトル家の的な役回りの。 このことについて、石井桃子は、 確かに、今日の目から見ると、誠実で、民族をこえて人間というものに愛情を抱いていたと思われるロフティングの作品のなかに、人種差別の気もちがなかったとはいえない箇所にぶつかると、私たちはびっくりさせられます。 米国では上記の理由で長く絶版状態が続いたこと、またロフティングの母国・イギリスではシリーズ全巻ともロフティングが米国へ移住した後に書かれたものであるため「ロフティングは米国の作家」と言うイメージが強い為か本シリーズも「過去の作品」として扱われることが多く、現在では米英よりも日本、そしてや旧などかつてのにおいて人気が高いと言うことである。 そんな折、ミランダという名の紫ゴクラクチョウが、先生の尊敬している インディアンの博物学者、ロング・アローが行方不明になっているというニュースを持って飛んできます。 故郷の町も大分かわり、先生の帰国を待っているとのことだ。

>

ドリトル先生航海記の電子書籍

「にいさん、こんなに動物ばかり飼っていたら、患者さんが、ひとりもこなくなるじゃありませんか。 小林みき「ドリトル先生」(ポプラポケット文庫、2009年)訳者あとがき。 第3巻『』に関しては通例、本作よりも以前の話とされるが史実における発行年()や第10作『』でジュンガニーカ湖に小島が作られたのは「5、6年前」とする記述を基に本作よりも後の時系列と見る場合は、本作が第5編となる。 - 角川つばさ文庫• すると、 月の動植物はどれも地球のものよりひと回りもふた回りも大きいということが判明し、先生たちは月の謎を解こうと苦心します。 しかし、ポリネシアとチーチーとの劇的な再会を喜んだのも束の間、毎年8月にから先生を訪ねて来るムラサキ極楽鳥の ミランダが、先生の敬愛するの博物学者 ロング・アローが行方不明になったことを知らされる。 ドリトル先生ってどんな人物?人となりが面白い! 主人公のドリトル先生、本名はジョン・ドリトルです。

>